見出し画像

お金が欲しいと願うなら確実に抑えておきたいこと…。

「さようなら、またの機会に…」

「今日はありがとうございました。またお会いできたらいいですね」

「バイバ~イ、明日ね~」

人は別れの際に言葉を残します。

それは惜しむ声であったり、次会う約束であったり
今まで一緒にいてくれた感謝
これからの事を言葉に換えて伝えます。


すごく当たり前のことかもしれないけど
なんにも声を掛けずいなくなったりすると

「あれ?どこいった?」

「もう帰ったの?」

となんだか寂しくなったり

「怒ってるのかな?」
「つまんなかったのかな?」
「そういう性格なのかな?」

のようななんだか余計な事を考えたりもします。
別にそういう別れがあってもいいと思うけど
気にするということは
我々は結構別れと言うものに重きを置いているように思います。

それは人に限らず
動物やモノ、想い出など
あらゆるものにおいても別れを惜しみます。

動物は命あるものなのでまだ理解できますが
生命でないものであっても
愛着が沸いて別れの際に心が痛んだします。

人形など人の形をしたものに限らず
文房具、衣服、本当数えればきりがないほどでてきます。
それらはやはり今までの感謝の意があるからだと思うんですよね。

今までありがとね。…って。
そしてまた会いたい。
また別の機会に。
忘れないよ。
みたいな感じ。


でも…


「お金」に関してはなぜだか
希薄な人が多いような気がします。

一番欲しくて
一番大事にしてて
一番夢が叶うと思っているものなのに

一番扱いを疎かにしている気がします。


むしろ雑に扱っている人の方が多い。
そしてそういう人に限って
「お金が欲しい、お金がない」と言っている。

「お金は天下の回りもの」と言うように
巡り巡って自分のところに帰ってきます。

だけど雑に扱われて感謝もない人のところに
お金も帰ってきたくないんじゃないかな…。

別にスピリチュアルや宗教的な話じゃなく
他の「モノ」に比べて別れ際はどうなの?って話です。


また会いたいと思うのなら
会いたいと思う気持ちを表現した方が
次に出会える可能性は高くなると思いますけどね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!お気持ちは寄付させていただきます。

ありがとうございます。励みになります。
19
「運」と「お金」の因果関係をココロの経済学を通して書き綴っています。。見えない「運」を脳科学、心理学、統計学などからアップデートしてみるnote♪ きふる掲載中 http://kifuru.org/support/stingy-countries-japan/ /会社員随筆家
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。