suttokodokkoiii

チャラン・ポ・ランタンの小春です。 アコーディオンを弾いています。

suttokodokkoiii

チャラン・ポ・ランタンの小春です。 アコーディオンを弾いています。

    最近の記事

    1年経ちました。

    どうした。何があった。 なんか気分でも悪いのかな。もう少し此処に居てもよかったのに いつの間にか置き手紙も無しに立ち去ることもなかろうに。 私が何か悪いことをしたならば謝る。理由もわからないのに先に謝るのは卑怯かもしれないけれど正直心当たりもないのだよ。だからさ、なに、あれだよ。少しくらい悪い部分を指摘してもらわないとこちらも直しようがないじゃない。話し合おう。突然居なくなるのは卑怯だよ。 みんなも薄々、いや、全員気づいてしまっていると思う。 梅雨が突然居なくなった。

    スキ
    217
      • Bébé Medusa近況報告

        どうも、とてもお待たせしております。 明けまして2022年。まだ1台も発送作業は行なっておりません。 本日、やっと! Bébé Medusaが、工場から発送されたという報告が来ました! そして全体的に具体的な発送スケジュールが出ましたのでご報告いたします。 Bébé Medusaの中型の方は、中に使用する部品(リード部分)が イタリア製でして、その部品が全然足りず、今作っていただいているところです。中型の最初の日本到着は4月ごろになる予定です。 なので、先に小型の方から発

        スキ
        101
        • チャラン・ポ・ランタン初衣装展 「12年コレクション セレクション」

          衣装展にお越しいただきありがとうございます。 こちらのページでは、展示してある衣装の 年代・解説などを載せてゆけたらと思っております。 デザイナーAkiのコメントや チャランポ2人の着心地感想など、 展示期間中にどんどん更新してゆくので日々チェックしてみてくださいね👗 2010年2月20日発売 シングル 親知らずのタンゴ ユニットを組んで初のミニアルバムのジャケット用の衣装です。 海外の絵本の中で踊っていたピエロを参考にデザインしました。 △初期のチャランポの衣装は

          スキ
          151
          • ゴールを達成しました!

            手を出さずにいたものをついに購入してしまった。 物を無くしたりはあまりしない方ではあるが iPhoneを探してくれたり鍵の位置を教えてくれたりするパートナーが増えた。 普通にありがたい。すごいな近未来かな。 でもこれがあることにより時計を使い分ける楽しみが減ってしまう問題が自分にとっては重大な問題でありまして 存在は知っていたものの手を出さずにいた。 しかしながら近くで使っている人がいるとどうしても気にはなる。 手首でなんか通知がくるらしい。何それ便利なの。 ということでまあ

            スキ
            224

            Bébé Medusa質疑応答フェスティバル

            どうも小春です。 とにかく目まぐるしい毎日を ワイワイと過ごしております。 でもありがたく元気にやっておりまして、 健康大事…と思いながら 舞台稽古前に行った何度目かのPCR検査が 今回も陰性なことに感謝しつつ 今日も頑張ってきます。 Bébé Medusaを購入したいというみなみなさまから 色々と質問が来ておりましたので 一気に返答したいと思います。 長文にはなりますが気になる人は最後までお読みください。 そして9月16日にはYouTube生配信にて Bébé Med

            スキ
            122

            アコーディオンを売るよ

            「アコーディオンて珍しいよね」と言われ続けて20数年。 最初は 「そうそう、アコーディオンってさ。 珍しいんだよ。 これは日本では少ないボタン式でさ」 なーんて言いながら エッヘン!と思っていた。 自分は珍しいものが好きなのだ。 おそらくこの楽器が「珍しいもの」という 位置づけのものではなかったら ここまで続かなかったかもしれない。 エッヘン! というよくわからない 「自分珍しくね?」という だからなんなんだよと突っ込まれそうな 変な自信で満ち溢れていた。 多分、そう心の

            スキ
            479

            消えた習慣

            今日も夜中である。 いつの日か文章を書く日課が無くなっていた。 ずっと好きだった、いや、今でも好きである。 しかしながら日を重ねるごとにゆっくりゆっくり 書かなくなったのだ。文章を。 らしくないと思われそうな気もするが 人からの言葉を気にしていた。 これを読んだ誰かは何か思うのだろうか。 それは余計なことなんだろうか、 意味のある感情なんだろうか。 そんなことをあれやこれやと考えているうちに 言葉は途切れ、日課は消えていった。 ただ、それだけのことである。 よくない気が

            スキ
            188