アコーディオンを売るよ
見出し画像

アコーディオンを売るよ

「アコーディオンて珍しいよね」と言われ続けて20数年。

最初は
「そうそう、アコーディオンってさ。
珍しいんだよ。
これは日本では少ないボタン式でさ」
なーんて言いながら
エッヘン!と思っていた。
自分は珍しいものが好きなのだ。

おそらくこの楽器が「珍しいもの」という
位置づけのものではなかったら
ここまで続かなかったかもしれない。
エッヘン!
というよくわからない
「自分珍しくね?」という
だからなんなんだよと突っ込まれそうな
変な自信で満ち溢れていた。
多分、そう心の中では思いながら
アコーディオンを弾いている人って
いるんじゃないかと思う。多分だけど。

変なものをゆっくりゆっくり集めてゆくのが趣味だ。
誰も手にとっていないようななんというか、
店の端にあるような雑貨も好きだった。
使いづらければ使いづらいほど愛おしかった。
ゆっくりゆっくり色々なものが
自分の部屋の中に集まってきた。
だけど特に誰かに紹介したいとも
思っていなかった。

人と被りたくないからこういうのを
買っているのに。

早めに訂正しておくと
元々はそうだったんだ元々は。
なんというか別に今は小春と同じものを
みんなも買っていいからね
早めに訂正しておくけど。

でさ。その自分の偏っているコレクションを
自分だけがお気に入りだったらいいや〜
なんて思いながら大事に大事にしていたわけ。
多分アコーディオンも
似たような感じだったのだろうと思う。
音楽自体も。
自分だけが好きだったらそれでいっかな、
みたいな。

でもそれってなんだか寂しいなぁとも
思うようになってきたわけでありまして。

アコーディオン弾いてみたいナ と
思っているなら
弾いてみてよ、楽しいよ。
ねぇ弾いてみてよ!!!
ていう
ただそれだけのことです。


2年ほど前、私は思い立って
飛行機に乗りました。

ライヴや仕事以外で行く海外は
この旅行が初めてでした。
仕事でないと遠出なんてしないもの。
アコーディオン工場に行き
色々なサイズのアコーディオンを試奏して
見積書?てなやつを出してもらい
何台から日本に送ってもらえるのかとか
色々と聞いてサンプルを買って帰ってきました。
(そのアコーディオンは今 
 初心者オカピの手に渡っているヤツ)
そんで特にいつとか決めていた
わけでもないのだけど

アコーディオンをいつか
販売したいと思うているよ

と、ブログに書いたわけです。

あれから2年が経ってしまいました。
いやぁ、色々と、楽しみにしている皆様には
本当にお待たせしてしまった、すまんすまん。
苦手な(去年アコーディオンの
国際大会でも経験した)海外入金も成功し、
税関で謎の書類に品番を打ち込み
レンタカーでダンボールに積まれた
アコーディオンをせっせと積み
実際に販売する時のルートを
ひとしきり経験し
ロゴ可愛いの付けよ〜なんて
めでたいのも作り
色々と準備をしてきて、
やっと販売できそうです。


実際のところ、「良いアコーディオン」
が欲しい場合は

谷口楽器

鍵盤堂(イケベ楽器)

monte accordion

Bellows Works Tokyo


に、ある。

(他にもお店がいくつかあると思うのですが
主に私がお世話になりました
お店を紹介しております)

もうここにあります。良い楽器。
私が販売しようとしているのは

手頃な値段のボタンアコーディオンです。

正直に言いますと専門店に並んでいる
アコーディオンの方が何倍も良い楽器です。
私の販売しようと思っているBébé Medusaは
手頃な値段のボタンアコーディオン。
ちゃんと自分仕様に調律し直せたり
色々な音色が沢山付いていたり
重低音が出るアコーディオンではありません。
でも
始めてみようかな〜
と、思っている人にはもってこいかな!
と思っています。軽いし。
(重さなどの詳しい話は後日書きます)


もっと手軽に演奏できる楽器になったら
いいなぁと思っているんだよね。
だって、楽器って誰かに憧れたりとか
勢いで買ったりとかして
弾きテェーって気持ちが止まらないまま
ずっと弾いて弾いて弾いてたら
いつの間にか弾けるようになってる。
楽しい。
全員がプロ仕様を使わなくていいだろうし
おもちゃから入っていいだろうし
欲しかったら良いブランドのを
買ったらいいしさ。
どんなスタートでも良いから、
「始める」ってことが大事じゃん、
最高じゃん。

それのちょっとした入り口のレパートリーが
増えたら良いなってだけなので
もしも、もっと良い楽器を
手に入れたい!人は
是非専門店に足を運んでみてください。
試奏だけでも楽しいよ。

もし、アコーディオンが欲しいけど
手が出せないかもー、とか
気楽に始めたいな、
なんて思っている人がいたら
Bébé Medusaを
弾いてみてくれたら嬉しいです。
そんな感じです。

画像1

上から

小型 赤
小型 緑
小型 紫

定価¥99,800
税込¥109,780

※送料別です
________________

中型 黒
中型 金

定価¥199,800
税込¥219,780

※送料別です
________________

になっております。
どうにかこうにかしてどうにかこうしました。
アコーディオンの新品は
どう頑張っても数万円くらいにするのが
難しくって
思ってるより高かったらスミマセン。

今回は、2021年9月18日 18:00〜
9月30日 23:59の
予約受付にしたいと思っております。
発送は、工場からアコーディオンが到着し
検品し色々と調整が済んだ楽器から
予約された順に発送してゆく
感じになるかと思います。
もしも沢山注文が入った場合
(正直どれくらい来るんだか分からないんだけど)
工場から1度に発送される楽器の
量が限られてくるので
発送タイミングが遅れる場合も
あるかもしれないのですが
予約注文をしてくださった人には届きますので
どうか気長にお待ちください。

そして、この受注販売を、
何度も繰り返し行おうと思っています。

なので、今のタイミングで
購入できなそうな人も安心してください。
どうにかして何度も行います。

Bébé Medusaは何人の人に渡るのだろう…
楽しみだね、楽しみだよ。

どうかお楽しみに。

Bébé Medusaの詳しい重さや音色の説明は
後日YouTubeやココに書いたりするね。

画像2

あとさ、Bébé Medusaの
革製のグッズも今準備中だよ。
ではまた。

小春

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
チャラン・ポ・ランタンの小春です。 アコーディオンを弾いています。