見出し画像

【私のことばじてん】はじめます。

自分の言葉選びが正しいか不安になったとき、こっそり辞書でその言葉をひくことがあります。

広辞苑に、国語辞典。辞書には、編纂者さんの汗と涙が詰まった様々な言葉の定義が並びます。

編纂者の仕事は、2013年に映画化した、三浦しをんさんの『舟を編む』の中でも、取り上げられていました。

ただ、そんな、編纂者さんが考えに考え抜いて辞書に載せられる語釈は、あくまでも、世の中での言葉の広義の意味・あり方です。

私は、言葉には、人の数だけ、定義があると思っています。

コピーを考えるときのポイントでも、「言葉に自分なりの定義をつけること」が挙げられることがよくあります。

しかし、普段生活していたら、自分なりの言葉の定義はなんだろう?なんていちいち考えている余裕がない。

そこで、noteを活用しつつ、あらゆる言葉を、私なりに再定義する、「私のことばじてん」を始めます。


私の好きな本

「私のことばじてん」を始めようと思ったきっかけは、私が中学生のときから、愛読している本。

ここには、作家の浅見帆帆子さんが、自分なりに再定義した言葉が辞書のようにずらーっと並んでいます。

いくつか好きな言葉を引用します。

にちじょう【日常】
本番。リハーサルはない。ここでためしてこそ。
しゅうとめ【姑】
自分の最愛の人を生んでくれた人。でも永遠に他人。
こころ【心】
ぜんぶを作り出しているところ。

このような朝見さんの言葉の定義が1冊に1000語掲載されています。

大好きで何度も何度も読み返していたこの本。

私も、自分の言葉の辞書を作りたい・・・!

そう思って、この企画を始めるに至った次第です。


私なりの再定義を

以前、言葉とは、想いを贈る包み紙であるという、記事を書きました。

大事なのは、言葉そのものではない。

言葉に包まれている、想いや考えは何か。

想いや考えを、どんな言葉で包み、どんな風に贈るか。

言葉を選ぶ作業は、プレゼントの包装紙選びに似ている。

だから、言葉は想いを贈る包み紙。

これは、私のことばの再定義です。

こんな流れで、色んな言葉を再定義していけたら、と思っています。


ことばを考えることも、生きることも、まだまだ未熟。

定義は、自分の中でどんどん更新されていくだろうし、最適な定義では無い場合もあるかもしれません。

一駆け出しの思考のトレーニングだと思って、見守っていただければ幸いです!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今日もいい日になりますように!
18
素材の良さを生かすsuPRin! 取材×コピーライター×日本酒の人 PRの視点から、人モノコトの魅力を引き出し世の中に届けるべく、日々精進中☺︎ /日本酒ナビゲーター女子

こちらでもピックアップされています

私のことばじてん
私のことばじてん
  • 3本
コメント (1)
いいですね。私もコピーライターとか呼ばれる職業に就いております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。