すぱのば

小説を書きたくて、書き上げたくて、満足したくて、あなたに見てほしくて、あなたに褒めてほしくて、あなたに認められたくて、noteをはじめました。よろしくお願いします。

【小説】ウルトラ・フィードバック・グルーヴ(仮) 最終話

  手紙を読んだ翌日、カズマサはナナミと会い、信二郎さんの家に行った。そこで3人で長い時間語りあった。父との会話について、坂口さんについて。坂口のいる場所につい…

100

ウルトラ・フィードバック・グルーヴ(仮)最終回に向けて 作者より

 こんにちは。 「ウルトラ・フィードバック・グルーヴ(仮)」を書いている、すぱのばです。 「ウルトラ・フィードバック・グルーヴ(仮)」は、次回56話で完結します。 普…

【小説】ウルトラ・フィードバック・グルーヴ(仮) 55話

 カズマサは手紙を読み終えた後に、涙がこぼれていることに気がついた。仰向けになっていたので、涙は頬を伝わらず、横に流れ、もみあげを濡らしていた。坂口の居場所がわ…

【小説】ウルトラ・フィードバック・グルーヴ(仮) 54話

「それって・・・」 「そう、お前の部屋にあったテープだ。どこかにしまっておいたつもりだったんだがな、なぜだかお前の部屋にあったというわけだ」 あまりの情報量の多…

【小説】ウルトラ・フィードバック・グルーヴ(仮) 53話

 次に出会ったとき、聞いてみた。演奏中ってどんなこと考えてるんだって。少しだけ考えてからあいつは言った。 「別に何も」  ただ、そのあとで続けて言った言葉が印象…

【小説】ウルトラ・フィードバック・グルーヴ(仮) 52話

「話ってなんだ?母さん教えてくれないんだ、お前に直接訊けって」 カズマサがリビングに入るか入らないかのところで、おもむろに、そしていつも通りの大きな声を父親が響…