見出し画像

アジア情勢は複雑怪奇

韓国の一件について、親しい人から「解説してちょ」とリクエストがあったのでそれに合わせて関係図を作った。

私の知識の範囲で作ってるので、私の知らない部分については書き込んでいない。間違いがあったとしてもご容赦いただきたい。
(どうしようもないミスがあった場合には指摘が有れば修正するかも)

見にくいとのご批判は甘んじて受ける。実際どうしようもなく見にくい。これ以上見やすくする方法がイマイチ分からなかった。
アジア情勢は大変複雑で困難な事態に陥っていて、私たちが普段感じている状況よりも数段キツい現状があるという事はちゃんと理解しないといけない。

日本は各紛争当事国それぞれと貿易関係にあり、従ってどの国も敵でもなければ味方でもない。単なる商売相手でしかない。
しかしこうして見てみると、北朝鮮包囲網に対して韓国がアメリカ陣営のほころびとなってしまっている事は事実かなとも思う。

たまに思う事だけど、私は現下の条件における勝利条件は、
・北朝鮮に核開発を停止させる。
・北朝鮮と手を結ぶ。
の二つであると思う。この二つの条件を一番最初にクリアした国がかなり巨大な利益を得ることになると思っている。

多分文在寅はそれを考えて北朝鮮に融和的な態度を続けようとするのだと思うけど、一人抜け駆けしてまで北朝鮮と手を結ぼうとするのはアメリカの怒りを買う可能性が高いという点で本当に正しい戦略なのかは分からない。

朝鮮半島に統一朝鮮国旗がはためくような状況を中国とロシアが座して静観するとも思えない。朝鮮半島はそれでも和平条約の無い休戦状態なわけで、一足飛びに朝鮮連邦なんて作れるだろうか。
文在寅の取る戦略はどう見ても無理筋に見えるが、果たして後世の歴史家たちは現状をどう評価するのだろうか…。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

基本常に独りで何かを考え続けている東大院卒 / 学校にいる間も学校を出てからも人との違いに苦しみ続け、派手に荒れ果て組織に馴染めず会社を離脱 / 転職活動し続け某巨大企業様から内定を頂くに至り、今は引っ越し準備中となった。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。