【2021年6月21日~6月27日】週間マーケティングニュース
見出し画像

【2021年6月21日~6月27日】週間マーケティングニュース

すみ|英語学習中のWebマーケター

みなさんこんにちは、すみです。

今回は週間マーケティングニュースということで、先週1週間のマーケティングを振り返っていこうと思います。

本当は毎週日曜日に更新したいのですが、情報量が多く1日でまとまり切らないことも多く、月曜日に度々溢れていますが、ご容赦くださいませ…。

先週の全てのニュースにつては記事の最後にまとめていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

今週の発表されたSNSマネタイズ機能

最近アップデートが多く、「今週の」と付けてしまうくらいSNSなどプラットフォーム各社によるマネタイズ機能のアップデート。
今回は5つのニュースがありました。

■ Instagram、Twitterのスーパーフォローの類似機能「ファンクラブストーリー」を開発中
■ Instagram、コレクタブル(NFT?)のオークション販売機能を開発中
■ TwitterでSuper FollowsとTicketed Spacesのテスト開始。 
■ Twitter、「収益を得る」ボタン実装。☆マークに「ふぁぼ(昔のお気に入り)」が復活と話題
■ FacebookがEコマース機能を発表

まずはInstagramについてです。
Instagramは「ファンクラブストーリー」とコレクタブルのオークション販売機能を開発中とのことです。

ファンクラブストーリーは、Twitternoスーパーフォローのようにファンクラブのメンバーになることで独占のストーリーが楽しめるというものです。

こちらのツイートからわかるように、不ァンクラブストーリーはメンバーのみが見ることができ、ユーザーはスクリーンショットを撮ることができません。

また、Instagramはコレクタブル機能も開発していることがわかりました。
こちらは、ユーザーがデジタルアイテムをおそらくNFTで入札できるようになっているようです。

画像1

出典:Instagram Tests 'Fan Club' Stories, NFT-Style 'Collectibles' In-App

続いて、Twitterです。
Twitterは以前から発表されていたスーパーフォローとチケットスペースのテストを開始したことと、新たに「収益を得る」ボタンが実装されたことが話題になりました。

まずは、チケットスペースです。
チケットスペースは、Twitterの音声SNS機能「スペース」の入場料を取る制度になります。$1〜$999で有料スペースに参加できます。

画像2

続いて、スーパーフォローについてです。
スーパーフォローはユーザーがクリエイターが設定した月額金額を課金することでニュースレター、独占ライブストリーム、商品割引など様々なオリジナルコンテンツを受け取れるというものです。
こちらは月額$2.99、$4.99、$9.99で参加可能とのことです。

画像3

「収益を得る」ボタンはこちらのスクリーンショットでわかるように新たに追加されました。

画像4

こちらのボタンを押すと、収益化オプションとして、現在はチケットスペースの概要が表示されるようになっています。

スクリーンショット 2021-06-28 16.05.32

余談ですが、日本ではこの「収益を得る」のマークが☆だったことが話題になりました。
☆はかつて、「お気に入りボタン」として現在の♡マークの「いいね」の代わりにありました。
お気に入りが転じて「ふぁぼ」と呼ばれていたので、「ふぁぼが復活した」と話題になりました。


最後はFacebookです。
Facebookは4つのEコマース機能を発表しました。
今回発表されたのは以下の4つの機能です。

・Shops on WhatsApp:WhatsAppにShopsを表示し購入前に企業とチャット
・Shops on Marketplace:Shopsをマーケットプレイスで表示する
・Shops Ads:パーソナライズされたショッピング体験
・Instagram Visual Search:AIのビジュアル検索

1つ目と2つ目については、以前からあるMarketplaceにShops(Facebookショップ)とWatsAppで表示できるようにするとのこと。
ユーザーは商品購入前に企業とチャットができるようになります。

画像6

出典:フェイスブックがネットショッピングに関連する4つの新機能を発表

3つ目のShops Adsは、個人の買い物傾向に合わせたショッピング体験を提供するとのこと。
既にアメリカで導入の始まっているARダイナミック広告をFacebook上でやろうとしているようで、この画像のように、口紅の色合いをARで試着体験できるような機能のようです。

画像7

出典:フェイスブックがネットショッピングに関連する4つの新機能を発表

4つ目のInstagram Visual SearchはAIを活用したビジュアルサーチ機能とのこと。写真をアップロードすると、AIで似たような商品を見つけてくれるものです。
FacebookはInstagram上で数ヶ月以内にテストを始めると話しています。


今回は5つのニュースについて報道がありましたが、今後もこういったクリエイターマネタイズ機能は続々と実装が進むかと思います。
プラットフォームは広告ありきのマネタイズ方法から脱却し、クリエイターやサブスクリプションでマネタイズするという方法に変わってきています。

この、クリエイターを中心とした経済「クリエイターエコノミー」は今後も発展すると言われています。

プラットフォームによるクリエイターマネタイズ機能はクリエイターエコノミーを加速させるファクトになると考えられますので、今後も要チェックです。

clubhouse類似の音声SNSとclubhouseの動向

こちらもまた、今年初めから続々と登場しているclubhouseの類似機能である音声SNSについてです。
今回はFacebookで類似機能が実装され、一方元祖音声SNSのclubhouseは新たにメッセージ機能を開発中とのニュースがありました。

■ Facebookがライブオーディオルームとアプリ内でのポッドキャスト再生ができる機能をローンチ
■ Clubhouse、メッセージ機能を開発中

まずは、Facebookです。
Facebookはライブオーディオルームとアプリ内でのポッドキャスト再生機能をローンチしました。

こちらはライブオーディオルームのスクリーンショットです。
ルームのUIはclubhouseとよく似ている感じです。

画像8

出典:Facebook Launches Live Audio Rooms and Podcast Playback In-Stream

こちらのオーディオルームはフォロワーが参加しているときに通知を出したり、寄付金を集められるなどの機能を提供するとのことです。

オーディオルームと合わせて、ポッドキャストのサポートオプションも開始しました。
これによって、Facebookアプリ内でポッドキャストを見つけて聞くことができるようになり魔shちあ。

画像9

出典:Facebook Launches Live Audio Rooms and Podcast Playback In-Stream

一方、clubhouseはというと、今週メッセージ機能が開発中だということをリークされていました。
これ以上の情報は出ていないので、今後ウォッチを続けていこうと思います。

このようにclubhouseの類似機能は以前から続々と各プラットフォームで開発されており、音声SNSのシェアの奪い合い状態になっているのが現状です。

音声SNSのいわば元祖であるclubhouseは、音声SNSで急激にのし上がってきたため、TwitterやFacebookに比べると既存のユーザーが少なく、今後が心配されています。

こちらの記事では、競合に機能がコピーされて生き残れなかったFoursquareというアプリと同じようにclubhouseも生き残れないのではないか?と書かれています。

ポッドキャストのOff Topicで海外情報を発信している宮武さんは、clubhouseはユーザー数や利用時間が増えていて、今後インド進出を本格的に進めるので魅力はあるが、他の競合はclubhouseよりも明確なユースケースがあるのも事実と話しています。

Googleのcookie廃止が延期に

今週最後のトピックはGoogleのcookie廃止が延期になった件についてです。

Googleは当初、cookieを2022年頭から廃止すると話していましたが、それが延期になり、2023年の後半に廃止するとのことです。

cookieは、ご存知の方も多いと思いますが、広告のターゲティングに利用されているユーザー情報で、近年ネットの個人情報が守られるべきという声が大きくなり、廃止に向けてGoogleが動いているという状況です。

今回cookieの廃止期限を延ばした理由については、イギリス政府からの圧力が影響しているようです。

Googleは今後2022年後半からcookieに対するChromeのサポートを9ヶ月間にわたり段階的に終了させる予定で、cookie廃止後はcookieに代わってFLoC(フロック/Federated Learning of Cohorts)で広告ターゲティングをしていく予定です。

この問題は、WEBマーケティングや広告を仕事とする人たちにとってとても重要な問題です。
多くのWEB広告関係者がcookie廃止後に向けて対応に追われているので、「よかった」という安堵のツイートも見かけました。

とはいえ、いずれcookieが廃止されることは決まっているので、引き続きウォッチを続けていきたいと思います。

今週の気になるニュースまとめ

最後に今週のテックニュースの一覧です。
ピックアップされたものも含めてこれだけのニュースがありました。

6/21
- アマゾンプライムデー
- Clubhouse、音声だけで生き残れるのか?
- Better Bagle、インフルエンサーへのPRキットはガラスケース入りのベーグル
- Facebook、clubhouseの類似サービスをローンチ。友人やフォロワーがジョインしたときに通知したり、ルームにいるときに寄付金を集められる機能などを提供する
- UnityのCEO、AR/VRヘッドセットが2030までにゲームコンソールと同じくらい人気になると予想

6/22
- Instagram、Twitterのスーパーフォローの類似機能「ファンクラブストーリー」を開発中。ファンクラブのメンバーになることで独占ストーリーが見られる。
- Clubhouse、メッセージ機能を開発中
- SEVENTEEN、月刊をやめて年4回くらいの季刊誌に
- Instagram、コレクタブル(NFT?)のオークション販売機能を開発中
- Shopify、後払いサービスのAffirmと提携してShop Payに後払いを検証したところ、他のサービスに比べて加護落ちが減り平均注文数が増加
- TikTok、ミニアプリを作れるTikTok Jumpをローンチ
- Shopify、コンテンツ配信者が簡単にShopify店舗へアフィリエイトできる機能をローンチ
- ドイツ政府、Appleのハードウェアとソフトウェアの連携が競合が入りにくくしていないかを調査する

6/23
- FacebookがEコマース機能を発表。
・Shops on WhatsApp:WhatsAppにShopsを表示し購入前に企業とチャット
・Shops on Marketplace:Shopsをマーケットプレイスで表示する ・Shops Ads:パーソナライズされたショッピング体験
・Instagram Visual Search:AIのビジュアル検索
- TwitterでSuper FollowsとTicketed Spacesのテスト開始。 Super Follow:お気に入りのユーザーに月額課金してオリジナルコンテンツを楽しむ Ticketed Spaces:スペースのチケット課金制
- Facebookがライブオーディオルームとアプリ内でのポッドキャスト再生ができる機能をローンチ
- Twitter、「収益を得る」ボタン実装。☆マークに「ふぁぼ(昔のお気に入り)」が復活と話題
- Tinderが新しい機能を色々ローンチした ・動画プロフィール ・マッチング前にクイズ・チャット体験 ・好みなどカテゴリー別で人を見れるページ
- アメリカ、警察、大企業など過去に信頼されていた様々な機関の信頼度が下がっている
- Youtube、Shortsのクリエイター資金提供などでTikTokに本気で対抗しようとしている。Shortsの再生数は毎日65億回
- アメリカの大手テック企業、独占禁止法の新法案が出てからロビー活動に投資する傾向
- 日本のインフルエンサー、次々とTwitterを鍵垢にして発信活動を停止
- 日本人の収入、2002年から2017年の間で年収500万の人は手取りが35万、年収700マンの人は50万も減っている
- ファスト映画、全国初逮捕

6/24
- Twitter、iOSでInstagramのストーリーへ投稿可能に
- Facebook、AR帽子の特許申請を提出
- Instagram、フォローしている人の投稿よりも先にお勧め投稿を流す検証中
- ニュースレターはデジタルジャーナリズムの生態系を守るメディアになる?
- ポッドキャスト、調査で人の行動を促進する効果があることが判明

6/25
- Instagram、PCからの投稿が可能に
- Windows11、正式発表。今年の11月下旬に発売されると予想。Win10ユーザーは無料アップデートが可能で、Androidアプリが使えるようになる。
- Google、cookieの廃止を2022年頭から2023年の後半に予定を延期
- 好きな広告と嫌いな広告の調査結果、ネット広告はそれ以外の広告よりも40%近く嫌われやすい結果に
- Snapchat、universal music Groupと提携しuniversal musicの音楽が利用可能に
- 日本のプロダクトが機能を削れない理由は「合意形成のプロセス」。今後のプロダクトは機能を足すよりも削ることが価値になる可能性

以上、週間マーケティングニュースでした!

Twitterやポッドキャストでは毎日最新のマーケティング情報や私の英語学習について発信しています。
こちらもぜひフォローお願いします!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!良ければシェア&フォローもお願いします!
すみ|英語学習中のWebマーケター
広告制作会社勤務|広告プロデューサー&マーケター(web寄り)|20代|英語を勉強しながら海外のWebマーケティングや広告、英語学習、趣味の美容や音楽系の発信|noteでブログ、Himalayaなどでポッドキャストも配信中