見出し画像

執筆メモ

特殊性のない台詞はもういらない。街ゆくそのへんのひとが語る言葉をそのままトレースしたような台詞を当面僕は書かないだろう。過剰であり、邪悪であり、素っ頓狂であり、間違った言葉を書きたい。やや暴走気味な正義がはびこる世にいて、演劇には正しさを持ち込まない。声高らかに間違えたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
演劇集団範宙遊泳の劇作家演出家、たまに俳優。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。