三円小説〜第6話『忠犬』〜
見出し画像

三円小説〜第6話『忠犬』〜

 事実、彼は主人の帰りを、ずっと待っていたわけではなかった。

 本当は、道に迷っていただけなのだ。

 ひとりぼっちの彼は思った。 
「渋谷に目印でもあったらいいのに・・・」

★Amazon『三円小説』発売中★


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
noteビギナーです!嬉しいです😆
1話10秒で読める超短編を書いている〝スダチ〟と申します。インスタがメインでしたが2020 年9月noteデビューしました🙇‍♂️ また2020年3月1日、全300話を収録した書籍『 #三円小説 』を発売しましたので良かったらAmazonで🙏