おいでませ!  六合荘 過去未来報知社

93
記事

「過去未来報知社」第1話・第93回-最終回-

☆全文無料でご覧いただけます☆
--------

>>第92回
https://note.mu/su_h/n/nfe806efd1a46

(はじめから読む)
<<第1回
https://note.mu/su_h/n/n80b1bc94e9af?magazine_key=mbb6ba54825ac
--------

「六合に来たのは、大家さんとの約束のためですか?」
 笑美の問いに、慶太は目を

もっとみる

「過去未来報知社」第1話・第92回

☆全文無料でご覧いただけます☆
--------

>>第91回
(はじめから読む)
<<第1回
--------

「アカシが……私の……?」
 ふっと周りの風景が変わる。
 気がつけば、笑美は空中に浮いていた。
 眼下に、うずまく緑の渦と、
 谷底に落ちそうになっている笑美とアカシが見える。
「えっ?!」
「これは、あの10年後のアカシがむかえた過去だ」
 振り向けば、大家が隣に浮いている。

もっとみる

「過去未来報知社」第1話・第90回

☆全文無料でご覧いただけます☆
--------

>>第89回
(はじめから読む)
<<第1回
--------

 大家は渦に鋭い視線を向けた。
「六合は群意識の強い村だった。
 孤独を許さず、村民の意識の一体化を良しとする風潮があった」
「……それは、悪い事なのか? 今の時代だって、そうは変わらないだろう」
 笑美を掴んだまま、慶太が首を傾げる。
「和、とか絆、とか。
 俺がやってきたドキュ

もっとみる

「過去未来報知社」第1話・第89回

「私っ?!」
「危ない!!」
 叫ぶような声と腕を引く強い力に気がつき、笑美ははっと気がついた。
 緑の渦巻きに、飛び込むように自分の体が投げ出されている。
 その腕を右手で懸命に掴んでいるのは慶太だ。
 崖の縁に左手を引っ掛け、必死の形相で笑美を引き止めている。
 その遙か頭上では、見えない壁に阻まれ、こちらに近づいてこられないアカシの姿が。
「どう……なってるの?」
「六合の胎動が始まったんだ

もっとみる

「過去未来報知社」第1話・第88回

☆全文無料でご覧いただけます☆
--------

>>第87回
(はじめから読む)
<<第1回
--------

 ふ、と気がつくと、笑美は町中に立っていた。
 大きくも小さくも無い。でもそこかしこに人の息遣いを感じる町
 歩行者が行きかう道を、遠慮がちにスピードを落として自動車が横切る。
 足早に駅に急ぐ社会人の横で、小学生がふざけあいながら登校している。
 甲高い笑い声に振り向けば、女児二

もっとみる

「過去未来報知社」第1話・第87回

☆全文無料でご覧いただけます☆
--------

>>第86回
(はじめから読む)
<<第1回
--------

 緑の洞穴。
 目の前の渓谷を見て、笑美は思わず呟いた。
 いくつかの尾根を越えた先には、びっしりと緑に覆われた渓谷がある。
 あまりの深さ、あまりの深い緑に、
 地球の裏側まで続く穴が空いている様に見える。
 六合の裏山はそんなに標高はないはずなのに、
 なんでこんな深い谷がある

もっとみる

「過去未来報知社」第1話・第86回

☆全文無料でご覧いただけます☆
--------

>>第85回
(はじめから読む)
<<第1回
--------

「あの頂が、50年前のラストシーンを撮った場所ですよ」
「はあ、そうですか……」
 頼まれもしないのに意気揚揚と撮影隊に参加した飯塚が、指を指して言う。
 背後から息も絶え絶えについてくる笑美(と撮影隊)をあざ笑う如く元気だ。
「本当に、詐欺じゃないのか、あの爺さん……」
 笑美ほ

もっとみる

「過去未来報知社」第1話・第85回

☆全文無料でご覧いただけます☆
--------

>>第84回
(はじめから読む)
<<第1回
--------

「いや~、晴れたな~!」
 アカシのマネージャー、鈴木は大きく伸びをした。
「雨男のアカシにしては珍しく!」
「一言余計だ」
 ぶすっと言葉を返したアカシは、登山服の襟元を広げた。
「暑いんだよな、この衣装」
「しょうがないよ。登山家の話なんだから」
「いくら山育ちだからって、オフ

もっとみる

「過去未来報知社」第1話・第84回

☆全文無料でご覧いただけます☆
--------

>>第83回
(はじめから読む)
<<第1回
--------

 公園に響くブランコの軋む音、一つ。
 慶太が一人でブランコに座っている。
 遠くで猫が鳴く声がする。
 同時に人の気配を感じ、慶太は立ち上がった。
「二人で夜のランデブーじゃないのか」
「古いな、あんたも、言うことが」
 着物の裾を翻して歩いてくる大家に、慶太は毒づいた。
「あい

もっとみる

「過去未来報知社」第1話・第83回

☆全文無料でご覧いただけます☆
--------

>>第82回
(はじめから読む)
<<第1回
--------

 そらに少し欠けた月が浮かんでいる。
 なんだか、失敗したホットケーキみたいだな、と笑美は思った。
 不思議と、あの悪夢の月は浮かんでこない。
 それは……、
(一人じゃないから、かな……)
 隣を歩く慶太を盗み見る笑美。
 自分から引っ張り出してきたくせに、慶太は何を言うでもなく

もっとみる