石嶋瑞穂

病気や障害のある子どもたちと家族のためのトータルケア『チャーミングケア』という概念を広めるために、あれやこれやとしている者です。公式HPや公式音声配信用noteアカウントは別にあります。こちらは至って個人的なつぶやきです。

小学4年生の『鳥肌』の考察資料が可愛すぎた

うちの息子はちょっと独特だ。 そもそも生まれた時に2000gもなくて、生まれた直後に心疾患が見つかりNICUへ。術後1ヶ月は入院で今も肺動脈弁狭窄の状態で日常生活には支障…

学ぶことは生きること

わたしの息子は2016年5月に急性リンパ性小児白血病に罹患した。いわゆる小児がんだ。 1年間の入院加療を余儀なくされ、小学校2年生だった長男は地元の学校から病院内にある…

連絡帳をアップデートしたい

突然ですが、現在小学生を子育て中の方にお尋ねします。 連絡帳ってどんな感じで書いて帰ってきますか? うちの長男氏(小6)は、小学2年生で白血病に罹患して足掛け2年…

コロナ禍だからこそ、子どもたちにきちんと予防接種を!

現場からの医療改革推進協議会 様より 以前登壇させていただいたシンポジウムのお写真を送っていただきました。 フローレンスの駒崎さんや Readyforの米良さん 骨髄バンク…

自分事発信で、他人事を自分事に ー西口洋平さんありがとうー

5月13日 キャンサーペアレンツ代表の西口洋平さんが亡くなった事を知った。享年40歳だった。 朝日新聞の記事にもなり、周りにいる様々な方がSNSなどで追悼のコメントを発…

国際女性デー 誰も興味のないわたしの話

3月8日、国際女性デー 去年は、神戸で大人女子が集って頭に花飾りをつけたり、ポールダンサー達が舞い踊ったり、TEDxで話をした経験のある人々に混ざって、わたしも子供の…