阿部 重夫

ノンフィクション・ライター兼編集者。調査報道の最先端から、知的に「美しいメディア」を始めようと独立。翻訳、批評などウィングを広げ、めざすはA terrible beauty is born.
  • 個人編集のオピニオン誌。調査報道の最先端から転じて、優れた政策とビジョンの花咲爺いへシフト。事実だけでなく禁欲と論理が必
    147フォロワー
固定されたノート

ストイカ(Σtoica)を創刊します

独立を宣言して1カ月、お約束どおり阿部重夫責任編集のオピニオン誌「ストイカ」(Σtoica)の第一号をお届けします。The New Yorkerのような知的に「美しい雑誌」をめざす...

「ガラスの蜂」とテキーラ・サンライズ

12月12日発売の翻訳『ガラスの蜂』の見本刷が届いた。   ご覧のように帯(腰巻)は黄色から深紅へのグラデーションになっている。この色をデザイナーに説明するのに、カク...

I'll be backの大戦果

フェイスブック方面ではお知らせしたが、「ストイカ」がまだ季刊なので、途中でつかんだスクープをタイミングよく打つには、インターネットに頼らざるをえない。そこで臨機...

翻訳「ガラスの蜂」12月12日発売

「満目青山は心にあり」で予告していた初のドイツ語の翻訳ーーエルンスト・ユンガーの『ガラスの蜂』(田畑書店、税込3080円)が、表紙デザインも決まり、最終校了して印刷...

ストイカのオンライン有料サロンを始めます

10月に創刊した季刊オピニオン誌「ストイカ」(非売品)は、単に定期刊行のマガジンだけでなく、もっと多様なチャネルを持ちたいと考えています。そこで紙媒体とは別に、阿...

羨ましき日本の「金融ポピュリズム」/エモット氏寄稿

10月30日、FRB(米連邦準備理事会)は今年三度目の政策金利引き下げに踏み切った。やはりトランプ大統領の圧力に抗しきれなかったのか。10月1日に創刊したストイカは、2...