アジア圏のアーティストが世界に目を向け始めた

韓国の男性グループ「BTS(防弾少年団)」のアルバム
「Love Yourself;Tear」が、今年6月2日付のビルボード誌で全米No1になったのですが、これって本当に凄いことですね。

半年ほど前に、韓国でも仕事をしている友人から「今の韓国のアーティストって、アメリカでもけっこう人気あるんだよ。日本ではあまり知られてないけど。」と教えられたことがあって、昔の韓国は日本のアーティストを追いかけていた頃もあったのに、あっという間に追い越されたことは否めませんね。

しかも韓国語のままでアメリカでヒットするというのは、明らかに流れが変わりました。
英語圏では英語でなければ勝負できないと考えられていましたが、それもすでに過去の価値観のようです。

そしてこちらの記事は女性アイドルの話ですが、ぜひ読んでみてください。
同じアイドルでも日本と韓国では考え方が違います。
秋元康さんが過去に「K-POPがプロ野球だとしたら、AKBは高校野球かもしれない」という発言をされたそうですが、その意味ががよくわかります。

AKBが開いたパンドラの箱『PRODUCE 48』の代償と可能性


ということで、「ビルボード・ミュージック・アワード」でのBTS
「Fake Love」を貼っておきます。




Mail  quont1994@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13
音楽ビジネスの現場で多くのことを学んできました。その経験から得た「時代が変わっても変わらない大事なこと」を書いていこうと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。