「マーガレット」裏レビュー

8

マーガレット24号(2015年11月20日発売)裏レビュー

・「猫と私の金曜日」が終了。ほんと、この作品何がしたかったんだろう。小学生の猫系男子との恋がはじまって、多少三角関係とかあったけど、基本ラブラブラブで、そんな試練もなくて、何を描こうとしたのか、何が面白いのか最後までわからなかった。種村さんの画力とかは嫌いじゃないので、次回作に期待します。

・「ショートケーキケーキ」。いろんな男子が出てきて、ちょっと焦点が絞りきれてないかなあ。おそらく、前作でひ

もっとみる

マーガレット23号(2015年11月5日発売)裏レビュー

・森下suu先生の新連載がはじまった。

森下先生といえば、「日々蝶々」の大ヒットが記憶に新しいのだが、「日々蝶々」が始まった頃の森下先生って、「マーガレット」の中では新進の人で、全然エースじゃなかったし、当時はまだ「うまい」作家にも見えなかった。

だから、「日々蝶々」は連載スタートしたときの扱いは全然大々的じゃなかったし、正直、私も5~6回で終わる連載かなあと思った。
ところが、読者の反応は全

もっとみる

マーガレット22号(2015年10月20日発売)裏レビュー

・小村あゆみ先生の新連載キターッ!この人はギャグが軽妙でツボを心得ているのがいい。ラブストーリー的なこと描いててもしつこくない。たぶん、男っぽい性格の作家さんなのかな。ふくよかなたくまくんがすごいツボ。願わくば「圏外プリンセス」コラボして、美人ちゃんとデートとかさせたい。

・「猫金」が本当につまらなすぎる件…種村さん、絵はすごくかわいいのだが、この作品、結局何がしたかったのか、まじわからん。

もっとみる

マーガレット20号(2015年9月19日発売)裏レビュー

・表紙&巻頭カラーは「猫と私の金曜日」。最終回間近らしいですが、どんなふうに終わるか、おおよそ検討ついてるんだなあ。なぜ、小学生なのか、なぜ、「猫太」なのか、いまだにその設定の意味がわからないんだけど、最終回に大どんでん返しとかあるんかいね。

・「椿町ロンリープラネット」は、まだ「ひるなかの流星」を超えてはいないと思うんだけど、相手役の暁は、獅子尾よりもかっこよいかな。「ひるなか」は、最終的に馬

もっとみる

マーガレット19号(2015年9月4日発売)裏レビュー

・「メイちゃんの執事DX」が巻頭。だいぶ久々感。かつては看板なときもあったけれど、今、正直パワー落ちてるよなあ。ちょっとネタつき感

・「猫と私の金曜日」が、ついにクライマックスに向かいだした。正直、最初から何が面白いのかよくわからない作品だった。小学生と高校生が恋してただただラブラブで、しかし、小学生があきらかにありえなさすぎる男子で、つまりはありえない展開が続いて、なぜ、男子を小学生にする必要

もっとみる

マーガレット18号(2015年8月20日発売)裏レビュー

巻頭カラーは「椿町ロンリープラネット」。やまもりさんは前作「ひるなかの流星」がすごくよかったんだけど、今のとこ、「椿町」は「ひるなか」ほど、ぐっと来ない。というか、「ひるなか」は、第一話読んだときから、「これは名作になる!」という予感があったのだが、「椿町」はそれがないので、たぶん、「ひるなか」ほどのヒットにはならない気がする。っていって、もしヒットしたら、ごめんなさい。暁は獅子尾よりかっこいいし

もっとみる

マーガレット17号(2015年7月5日発売)裏レビュー

小森みっこさんの新連載がスタート。この人、絵はとても華やかでうまいんだけれど、話のほうの盛り上げ方が今ひとつというか。徐々に上手になってる気はするんだが、今回はどの程度までいけるだろう。

「たいへんよくできました。」は、ぼたんと甘藤くんがいい感じになってうれしい。ただ、彼氏はできたけど、友だちはまだきちんとできていないぼたん。この作品「ぼっちを脱出する」がテーマだと思うので、これから、そのあたり

もっとみる

マーガレット11号(2016年5月2日発売)裏レビュー

『ふつうの恋子ちゃん』が、巻頭カラー。ななじ眺さんは、絵はきれいだが、ここのとこの連載作品『コイバナ』『あるいとう』は、どっちもヒロインが好きになれなかった。

『恋子ちゃん』については、ヒロイン、決して嫌いではない。しかし、めっさ二番煎じ感がある。自分はヒロインになれない脇役、その他大勢ってあきらめてる主人公、ここんとこの連載で何人もいたんですが?「てのひらシャーベット」とか、『圏外プリンセス』

もっとみる