いけだ
「仄暗い水の底から」を観たよ(手抜きなあらすじ)

「仄暗い水の底から」を観たよ(手抜きなあらすじ)

いけだ


子供の頃はかくれんぼが好きでした。
隠れる方ね。

よく物の隙間とか、奥の方に身をねじ込んで、ガチで皆が帰るまで見つけて貰えないことも多かったです。

皆が見つけられずに帰ったら、謎の「やってやった感」にニンマリしながら外に這い出て帰宅したものです。


今日ご紹介いたしますのは「仄暗い水の底から」というホラー映画です。
ご存知の方も多いでしょう。
「リング」「らせん」シリーズでもお馴染みの小説家・鈴木光司先生の短編小説が原作のものです。
主演は黒木瞳さん。

これ観たあとはしばらくお風呂が怖くなる人も居そうです(笑)


とてもテキトーなあらすじ


どっかの町のごっつい古いマンションに引っ越してきた松原淑美(としみ)と5歳の娘の郁子。

淑美髪の毛の薄い夫と離婚調停中で、郁子の親権を真剣に争ってるところ。
裁判で有利になるように、就職先を決め、中古のマンションを購入した。

引越してからというもの、母娘は奇妙な現象に悩まされるように。
上の部屋は空き家なのに足音がうるさいとか、天井からめっちゃ雨漏りしたりとか、蛇口捻ったら髪の毛入りの水が出てきたりした。

そして淑美は時折髪の長い女の子の幻覚を見る。
そんでその、なんか色々だんだん怖いことが起こってく(語彙力)


感想

これ、人によっては胸糞悪くなったりイライラする映画かもしれないね。

怖さは結構ソフトな感じ。
怖いよりも悲しくなる。
子役の子が可愛い。

全体的に静かな雰囲気で、暗くジメジメした感じがしますね。見てるだけでかび臭い臭いがしてきそう。

バーン!お化けドーン!ぎゃぁぁぁーー!的な勢いではなく、音もなくそこに現れ、ハッとして振り返ると何も無い、っていう。まるで忍者のようです。

子供を守るために自ら犠牲になる、っていう演出がめちゃくちゃ胸が締め付けられる........すっげ悲しい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いけだ
既婚偏屈ババア 喋るの下手くそなのでリハビリ感覚でやってます。 フォロバはしません 質問箱 https://peing.net/ja/starplayer620 小説→ https://www.alphapolis.co.jp/author/detail/241296953