足底腱膜炎は本当に炎症なのか?

足底腱膜炎は本当に炎症なのか?

興味深い論文を見つけたので、簡単にまとめながらシェアしたいと思います。

素人が苦手な英語を必死に読んでの独自解釈ですので、間違いがあれば優しく教えてください笑

Plantar fasciitis: a degenerative process (fasciosis) without inflammation.

「足底腱膜炎」と言われているが、本当に炎症が起きているのか?ということについて書かれたものです。

今回の研究で、足底腱膜炎は

・足底腱膜の肥厚及び線維化

・コラーゲンの壊死・線維芽細胞の過形成・軟骨化生・マトリックス石灰化

などがありましたが、炎症の証拠は見つかりませんでした。

炎症症状で無いのなら、足底腱膜炎の治療で使われるコルチコステロイド注射の使用は疑問視されますね。

更に、コルチコステロイド注射は足底腱膜破裂の報告もありますので、治療のルーチンとして使用することは、再評価する必要があることをこの研究では結論としています。

足底腱膜炎に限らず、炎症症状の有無は治療計画を考える上で大切ですね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
06-6170-1022
info@act-pcc.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スポーツ鍼灸マッサージ治療院Physical conditioning center ACT代表 陸上競技の指導もしています。