みるきー(Milkie)

会社で働くウェブクリエイターのエンディングノート的創作活動の跡です。過去に書いたものも含め公開していきます。 日常をとりまく様々な事についていろいろと書いてます。

Aさんと、私に憑くもの2「深夜の男女」

以前のお話「不思議体験「悪霊(?)と守護霊」」に登場したAさんとは、私が二十歳の時に友人の紹介で知り合いました。 Aさんは霊感が強く、これまでに様々なモノを見てき…

「書くことが大嫌いだったのに、今では毎日何かしら書いてる」というこの不思議

小学生の時から文章を書くのが大嫌いで、作文や読書感想文の宿題はほぼ白紙で提出してきた。 それは、中学・高校・大学も同じで、文章作成だけはとことん逃げてきた。 それ…

女が「女の色気」にやられてしまった時の話(色気の考察)

いつだったか、近所のスーパーに買い物に行ったとき、ある女性に目が釘付けになった。 20代後半ぐらいの彼女は、上半身に厚みのある少しムッチリした体形だ。 胸はEカップ…

Aさんと、私に憑くもの1「赤い目の人」

以前のお話「不思議体験「悪霊(?)と守護霊」」に登場したAさんとは、私が二十歳の時に友人の紹介で知り合いました。 Aさんは霊感が強く、これまでに様々なモノを見てき…

書きたくて書きたくて

頭と心にはたくさんの情景が生まれ
忘れないよう全身で味わい尽くすものの
せわしない日常の中では
手放した瞬間から風化してしまう

細切れの時間では
頭の中のモノを書き留めるのに精一杯で
それを繋いで編集するには
時間と私の処理能力が足りない

悩ましい毎日

虫の知らせ「別離」

あれは大学2年生。 夏休みに友達二人と3泊4日のタイ旅行を計画した。 この旅行は女子だけで行こうと話していたため、当時付き合っていた彼には「留守番ね」と伝えた。 同…