見出し画像

「心が強い人」の人生は思い通り 神メンタル:コーチングの本

しげた れいこ

以前に読んだはずなのですが、改めて娘向けにメンタルトレーニングについて本を探したらおススメだったので、再度読んでみました。

コーチングを勉強してから読んでみると、これは正にコーチングについての本だったことに気づきました。本には、自分にとっての旬があって、自分が求めている時には、多くのものが学べる一方で、以前の私のように、何となく読んでいては何も身にならない、ということがよく分かりました。

この本では、「人生を思い通りに生きる」ということをゴールにしています。

そのために必要なのは、➀目的地の設定 ➁手段の選択 ③メンタルの状態 という定義になっています。

そして、多くの人は➁の手段を一生懸命に考え、トライしていくのだけれども、ここを闇雲にやってはいけない。➀と③をしっかりやれば、➁は何もしなくても自動的に見つかる、という理論です。

➀の目的地の設定が重要なのは、よく分かります。つまり、「思い通りに生きる」といった時に、「あなたの思い通りって何ですか?」ということです。これは一人一人違うものだし、それが、漠然と「目的地は日本です」と言われても一体日本のどこ行きの飛行機に乗ればいいのか分からない。「お金持ちになりたい」というなら「年収いくらなのか」ということを明確に描く必要がある、ということになります。

この➀の目的地を描くためのコーチングのワークが複数紹介されています。

そして一番重要なのは、③のメンタルの状態です。ここがうまくできれば自然と②はついてくるという考え方です。ここでいう、「メンタルの状態」とは、タフだとか、強いとか、そいうことだけを指しているのではなく、どのような「心持ち」でいるのかということになります。

この「心持ち」を自分が目的地にたどり着いた時に、どのようになるのかを具体化していきます。既に自分の目指す目的地にたどり着いている人をイメージしたり、自分の姿を想像することによって、具体化します。

そうなったら…
どういう行動をするか
どう判断するか
どう考えるか
どう情報を集めるか
どんな人と付き合うか
どんな人とは付き合わないか
どんなことをしないか

ということを具体的にしていきます。

今のままの考え方と行動をしていれば、今のまま。
人間は「死なない」ことが一番大事なので、現状生きていることを前提に、「変化」を望みません。これは、心のホメオスタシス(変わらないようにする力)とも言われる力です。
これを徹底的に壊すために「目的地に到達した自分を疑似体験させ、その心持ちにしっかり入り、そしてその状態で考え・行動する」ということを行うことを勧めています。
これは、コーチングでよく使われる手法です。目的の精神状態(ステート)に入ることで、早くその状態に近づくというアプローチです。

コーチングを非常に分かりやすい方法で書かれていて、セルフコーチングを試しにやってみたい方には、おススメです。が、セルフコーチングはなかなか難しいということもあり、もし関心があるようなら、是非コーチングを受けてみることをおススメします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!