吉田智彦

フォトグラファー/ライター/絵本作家。人物や旅、伝統文化などを題材に、真摯に生きる人々の姿を伝える。スペイン・チベットなど、国内外の信仰の道を歩く。農村歌舞伎や保養キャンプを撮影。雑誌『田舎暮らしの本』(宝島社)で「働く人」を連載中。

ツナ缶が欲しいだけだった

ツナ缶が欲しいだけだった。 バイクにまたがったのが運の尽き。 季節は、見ているつもりでもいつも意識の外で移ろう。 聞こえ始めたなと思っていたセミの鳴き声が、木立…

吉田智彦写真展『巡礼の道 PART 01 | SANTIAGO to 熊野』2019/7/17~31 @ego-Art …

7月にやる巡礼のプロモーションムービーを作りました。 これから展示する作品作りの追い込みです! 1997年、旅の中に人生の本質を見出そうと北米を北極海へ流れる大河1600…

残っていたのは、膀胱炎の手術をした外科医院と肉屋。くるみ商店街の面影

神奈川に住んでいるけれど、歯医者はいまだに出身地に近い都内の板橋にある歯科医院へ通っている。 年に数回の定期検診を終え、なんとなく、小5まで住んでいたくるみ商店…

ペケが90000KMの大台に乗った

ペケの走行距離が9万kmの大台に乗った。 大げさでななく、ぼくはこれまでどれだけコイツに助けられたか分からない。精神的に。 そして、今も他では知り得ないいろいろな…