田島 聡一

Genesia Ventures, Inc Founder and General Partner/We exist to realize a society that creates wealth and opportunities for all.

田島 聡一

Genesia Ventures, Inc Founder and General Partner/We exist to realize a society that creates wealth and opportunities for all.

    マガジン

    • スタートアップの組織創りに関するnote

      スタートアップの組織創りに関するnoteを纏めています

    • CVC向けnote

    • スタートアップ向けnote

    最近の記事

    • 固定された記事

    豊かな人生ってなんだろう

    1.プロローグ誰よりも努力している人・粘り強く頑張っている人だけが、豊かな人生を送ることができる。 これまでの私は、誰よりも努力している人・粘り強く頑張っている人だけが豊かな人生を送ることができると考えていました。Time is money(時は金なり)とは言うけれど、お金は殖やせても時間は殖やせない。そう考えると、Time is life(時間は命そのもの)だと。 だからこそ、一瞬たりとも時間を無駄にしないように、誰よりも努力する、粘り強く頑張る。そんな生き方をしている

      • バックオフィス業務(情報システム部・労務部・総務部など)の未来

        0.はじめに コロナ禍によって、時間軸が数年間手前に手繰り寄せられた企業のデジタル・トランスフォーメーション。これによって、企業を取り巻く環境は大きな変化を求められていますが、事業のネタ帳#33では、その変化の中でも情報システム部・労務部・総務部などのバックオフィス業務の未来について考えてみたいと思います。 「事業のネタ帳」のバックナンバー(#1から#32)はこちら ではなぜバックオフィス業務の未来に注目しているのか? それは、 ・リモートワークの浸透 ・雇用形態の多様

        • 新たな価値はエビデンス思考から脱却しないと生み出せない

          これまで世界は、まだこの世にない新たな価値を生み出す挑戦者の存在、今で言えばまさにスタートアップのような存在によって進化してきました。 具体的な例を挙げると、今でこそ魚や肉は食料として認識されていますが、初めてそれらを食べることに挑戦した先達がいたからこそ、私たちは魚や肉を食料としていただくことが出来ていますし、車や飛行機などの移動インフラも同様に、車でいえばジェームズ・ワットの蒸気機関を創る挑戦が、飛行機でいえばライト兄弟が製作したライトフライヤー号を創る挑戦があったから

          • 事業のネタ帳#27 SMB向けHorizontal SaaSが持つ可能性

            ■SMB向けビジネスの概観全国に企業は367万4,000社(2021年6月末時点、経済センサス活動調査)存在し、このうちの99.7%を占めると言われているSMB(Small and Medium Business)。SMBは社数が多いだけではなく、デジタル・トランスフォーメーション(以下、DX)の余地が大きく、SMB向けビジネス、特にHorizontal SaaSの可能性は極めて大きいと考えています。また、コロナ禍が大きく推し進めたビジネスのデジタル化や、電子帳簿保存法やイン

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • スタートアップの組織創りに関するnote
            田島 聡一
          • CVC向けnote
            田島 聡一
          • スタートアップ向けnote
            田島 聡一

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            事業のネタ帳 #21 メディアの構造変化によって生まれる事業機会についての考察

            1.はじめに私たちは、Amazon・楽天市場・食べログ・Retty・じゃらん・一休などのメディアに毎日のようにアクセスし、自分の興味・関心があるものを探していると思います。インターネットが存在しなかった時代は、自分の興味・関心があるものを探すのはとても大変でした。しかし、インターネットが普及したことにより、世界中の情報が広く可視化され、さまざまな切り口で検索できるようになったことで、自分の興味・関心があるものにスムーズに辿り着くことができるようになりました。然し、このようなメ

            事業のネタ帳 #15 マッチングビジネスの事業機会と進化の方向性についての考察

            1.はじめにインターネットの普及によって私たちが大きな恩恵を受けていることのひとつに、世の中に存在しているあらゆる情報の可視化が進み、情報の非対称性が減少していることに伴う、人と人・企業と企業・人と企業・人と情報・企業と情報などの出会い(マッチング)の増加があると思います。 インターネットが普及する前は、出会うことは疎か、気づくことすらなかったであろう自分と同じ興味や関心を持つ仲間との出会いや、新たなクライアントやビジネスパートナーとの出会いは、私たちの生活はもちろん、様々

            VCから見たスケーラブルな組織を実現しているスタートアップの3つの共通点

            組織づくり。シリアルアントレプレナーを除き、大半の起業家にとってはじめての経験であり、いかに能力が高い起業家であってもつまづきがちなのが組織づくりです。 組織づくりは資本政策と同じで、一度間違った方向性に進んでしまうと軌道修正が難しいだけではなく、起業家に極めて大きな精神的な負荷を与えることとなり、場合によっては会社清算に追い込まれることさえあります。なので、先人が歩んできた道からしっかりと学び、自社の組織づくりに活かすことがとても大切だと感じています。 それと同時に、組

            3号ファンドを組成し、約100億円で1st closeしました

            2022年1月31日、ジェネシア・ベンチャーズとして新たなファンド(ターゲット150億円)を組成し、約100億円で1st closeした旨のプレスリリースを出しました。1号ファンド(40億円)・2号ファンド(80億円)に続いての3号ファンドになります。このタイミングで、これまでの振り返りと未来に向けた展望を書いておきたいと思います。 1.これまでの振り返りこれまで私たちは、「すべての人に豊かさと機会をもたらす社会を実現する」というビジョン、「アジアで持続可能な産業がうまれる

            事業のネタ帳#9 金融の信用創造領域で起こる構造変化とスタートアップの事業機会

            ジェネシア・ベンチャーズのキャピタリストが持ち回りで連載している「事業のネタ帳」の第9回目となる本稿では、金融の信用創造領域で起こる構造変化とスタートアップの事業機会について考えてみたいと思います。 『事業のネタ帳』連載一覧 【再掲】 #1  AI-powered BPO(相良) #2  コールセンターのDX(相良) #3  産業領域特化型コラボレーション(水谷) #4  データドリブンファイナンス(河野) #5  ローカル店舗のOMO化(一戸) #6  Horizonta

            あらゆる与信はpre-approval(事前承認)となってインターネットに溶け込んでいく

            1.はじめにジェネシア・ベンチャーズは、まだプロダクトがない、トラクションがないシードステージのスタートアップに対する投資にフォーカスしているベンチャーキャピタルですが、有望な事業機会を見つける上で、また事業の有望性を推し量る上で、"世の中が向かう大きな変化の方向性を見極めること"を強く意識しています。世の中が向かう大きな変化の方向性を指し示す一つのフォーマットとして、「DX(デジタル・トランスフォーメーション)の型」というものを公表していますが、「DXの型」は、有望な事業機

            新たな挑戦に向かうことにためらいがちな時代

            1.プロローグ溢れるほどの情報が飛び交う時代。 あらゆるものが可視化され、デジタル化されていく時代。 自ら情報を取りにいかなくても、与えてもらえる時代。 このような今の時代を別の角度から捉えなおすと、アクセス可能な知の流通量が指数関数的に増加し、生活の豊かさが増していく中で、既存の知の範囲から外に飛び出すことがどんどん難しくなっているとともに、新たな挑戦に向かうことにためらいがちな時代に突入していると感じている。 歴史を遡ると、これまで人間は数々の努力と挑戦を積み重ね

            【シード調達のリアル #3】私たちが伴走したい起業家像とチャレンジしたい事業領域 - Finance by Genesia -

            1.Finance by Genesiaを始めた背景昨今、数多くのVCファンドが組成され、数百億円規模の大型ファンドも珍しくなくなってきました。ベンチャーキャピタルの数が増えることはスタートアップエコシステムにとってポジティブな一方で、起業家から見ると、自社の事業ステージや事業領域にどのVCがフィットするかや、実際の資金調達に至るまでのプロセスが見えづらいのが現状だと思います。 その結果、起業家が投資を受けられる可能性の低いVCにアプローチしてしまったり、資金調達に繋がらな

            成功しているスタートアップが実践する「チームの力」を活かすために大切なこと

            1.なぜスタートアップは「チーム」でやるのか?この質問に、皆さんならどのように答えますか? ひとことで言えば、「個人では実現が困難なことを、想いを共にする個人が集まり、持てる力を掛け合わせることで成し遂げるため」だと思います。 言い方を変えると、「個人の持つ能力を、足し算ではなく掛け算にすることができてはじめてチームでやる価値がある」とも言えます。 ■チームの力を活かせている状態 チーム > 個人+個人+個人+個人+個人・・・ チームの力が、個が持つ能力の足し算よりも

            行動指針はチームのコミュニケーションを滑らかにし、チームを強くする

            1.チームにおける「仕事への取組み姿勢や価値観のズレ」を引き起こす要因とは?キャピタリストという職業柄、一日のスケジュールの大半はスタートアップとのミーティングがメインになるのですが、よく経営者から相談を受ける内容として、事業の話と同じくらい多いのが組織の話です。 シードステージでは、顧客が抱えている本質的な課題の発見とそのソリューションとしてのプロダクトの磨き込みに集中し、初期的なPMFを目指す。そしてシリーズAでの資金調達を完了し、組織が急拡大していく中で、起業家や経営

            未来に向けて2020年の終わりに想うこと

            ■はじめに時が経つのは本当に早いもので、今日で2020年も終わり。 今年はまさにコロナに翻弄され続けた1年だったと思います。中国/武漢でのウイルス流行のニュースから約1年が経過しているにも関わらず、未だに世界中でたくさんの人命を奪い続け、飲食業・観光業から医療現場に至るまで、広範囲な産業に大きなダメージを与え続けています。それと同時に、人間の価値観という、言わば人間としてのOS(オペレーティング・システム)が大きく書き換えられた、そんな1年でもあったと思います。 決められ

            2号ファンド(80億円)のファイナルクローズと新たな決意表明のお知らせ

            2020年9月30日、総額80億円にて2号ファンドのファイナルクローズを完了しました。 コロナ禍もあり、想定より少し時間がかかりましたが、私たちのビジョン・ミッションに共感いただき、for entrepreneursの精神でスタートアップとの共創に積極的に取り組まれている、とても素敵なLPのみなさんにご出資いただくことができたと感じています。合わせて、1号ファンドに引き続き、2号ファンドにおいても、日本を代表する機関投資家の方々にご参加いただくことができました(プレスリリー