見出し画像

パーキンソン病:運動の開始時期は? 第3話

小川 順也


みなさんこんにちは!パーキンソン病の方のための運動継続プログラムPD Cafeを運営している理学療法士の小川順也です。

2021年5月からご家族の方への発信も始めました。
「根治療法が確立されるまで動ける体作り」を目指して、様々な取り組みをしています♫
PD Cafeについて詳しく知りたい方は下記からご覧下さい。
また、メールでの問い合わせも受付しています。パーキンソン病の運動についてのご質問は
contact@the-smile-space.com
までご連絡下さい♫

第1回目の話は「パーキンソン病とは?」ということで、原因や治療法などについてお伝えして来ました。
第2回目は「運動の大切さ」についてお伝えしました。
本日の話は
「運動の開始時期は?」
についてお伝えしていきます。

いつから始めるのか?

パーキンソン病の方に良く言われるのは
「いつから運動を始めたらいいですか?」です。
また
「今は、動けているので特に必要ないと思います。あとは、散歩を毎日しているのでいいかなって思っています」です。

私は、「早いうちから始められるだけより良い」とお答えしています。 運動は継続して行うことが大切です。動きにくさを感じてから運動を初めようとしても運動がきつ いと感じてしまうため続きません。関節が硬くなってから伸ばすのには数ヶ月かかります。

運動をしないとどうなるのか?

私は、10年パーキンソン病の方を見続けていますが発症してすぐの方、何年も経過している方、 そしてお亡くなりになる方とパーキンソン病の方の経過を多く見て来ました。

その経験から、体 が固くなってから、動きにくくなってから運動を開始するのは難しいと言うことです。体が固く なってきてしまうとストレッチは自分で行うのは難しくなってきます。ストレッチだけではなく 着替えやトイレやお風呂など色々ことが制限されてしまいます。


そうなる前に、予防のために行うのが運動です。動きにくくなってから、一人で散歩するのはなか なか大変です。転ぶ危険性もあります。そうなる前に、予防のために行うのが運動です。

症状がま だあまりないからいいやと言って、症状が重くなってきた段階で私たちのところにきて後悔を口 にする方を多くみてきました。私たちも、もっと早くきて欲しかった。なんで運動がこんなに広 がっていないんだろう?悔しい思いをたくさんしています。

散歩だけじゃいけないの?

散歩しているから、ジムに通っているから専門的な運動は別にいい。
という方もいらっしゃいます。

しかし、パーキンソン病の病気や個々人の特徴に合わせた運動を継続することに意味があります。
パーキンソン病は左右差があったり、気がつかないうちに動きが小さくゆっくりになっている場合があります。そうした中で、自己流に散歩やジムでのエクササイズをしていると逆に痛みが出てしまう場合もあります。

ずっとではなく、最初の数回や定期的に専門家に見てもらってその時々にあった運動を選択していくことがとても重要になっていきます。

2週間の運動不足で筋肉は減ってしまい、戻すのに3ヶ月かかるという話もあります。左右差があったり、小さくゆっくりと歩いていると運動しているようで、運動不足になっている場合もあります。

自分の体を知り、自分で運動を理解して選択する

診断された直後は、体の動きがまだ良い方なのでその時に運動習慣をしっかりつけることがとても大事になります。

そして、自分の体を知り、パーキンソン病の知識を身につけ、自分で自分に合った運動を理解して選択するということがとても重要になります。

進行していって、体の動きが本当に大変になった時は一つ一つの運動が辛いので理解して選択するというのがとても大変になります。

なので、早い段階に運動習慣をつけることがとても重要になります。

運動習慣をつけた人はどうなっているか?

パーキンソン病は重症度分類というのがあり5段階で分かれています。中等度の重症度で来られ る方で口を揃えていうのは、

「もっと早く出会っていればよかった。」
「もっと早く運動を始めるべきだった。」

です。 運動習慣をつけるには重症度が軽いうちがベストです。まだまだ、自分は大丈夫と思っていても 徐々に進行します。あるところまで進行すると、あれ?なんだか動きにく。と感じます。その時に は、すでに転びやすい状態、関節が固い状態ということが多くあります。

いつ運動を始めますか?

いまです。動けるうち、何もないと思っているうちから始めましょう。 多くの先輩パーキンソン病の方々は口を揃えていっています。 

「もっと早く出会っていればよかった。もっと早く運動を始めるべきだった。」 

私たちは運動を続ける環境という選択肢を皆さんへ提示できます。やるやらないはあなた次第で す。

やると決断した方は本書に書かれている運動を1ヶ月やって見ましょう。 診断された直後は気持ち的に難しいかもしれませんが、出来ることから、最初は1日5分から行っ て見ませんか?

PD Cafeには、診断されて15年以上経過しても通っている人、趣味を継続している人、お仕事を している人がいます。
その方の共通点は早い段階から運動を生活に取り込んでいる方です。 そして、自分自身にはどんな運動が合っているのかを日々試行錯誤している方です。 まずは、出来る運動を一つでもやって見ましょう。小さな一歩からスタートです。

運動はいつからやったらいいの?

今です!

まずは簡単に出来る基礎的な運動をご紹介します!下記の記事にまとめてあるのでご参照くださいね!ぜひ、マスターしてお伝えしてくださいね♫

次回の記事では、
運動の前に大切なこと
についてお伝えします。

先に言ってよーって言われちゃうかもしれませんが、それをお伝えする前の基礎がとっても大事なので第4回にしています^^

それではまた!

PD Cafe 
小川順也

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!