見出し画像

秘かにブームになった:梅しごとin台湾

Sleepy Tofu Japan

悄悄地於瓶中醞釀的熱潮:台灣的梅仕事
ワークショップ・レポート @眠豆腐|台中店

高雄・那瑪星地域で獲れた有機栽培青梅。一キロ約250円。

この数年間、是枝監督の映画「海街diary」とステイホームの影響で、台湾で益々ブームとなったのは、梅しごと(ちなみに、少し前まで手しごとの代表が酸菜[白菜漬け]でした)。休日のインスタをチェックしてみると、きれいな緑一色。

こちらも緑一色。
みんなヘタ取りに夢中

3月中旬起已陸續有農民開始採收6、7分熟的梅子製作脆梅,清明節前後梅子就開始轉黃,8、9分熟的黃梅主要則是供於製作軟梅等醃漬類加工品使用,大部分的梅子在4月中旬可完成採收,高海拔地區則可採收到5月上旬。

農傳媒 https://www.agriharvest.tw/archives/36401

日本よりひと足早く、緑眩しい梅の季節がやってきます(基本は3月〜4月)。高雄・那瑪星地域で獲れた有機栽培青梅と韓国焼酎「JINRO」を使い、みんなが台中店のイベントスペースにて初梅しごとを挑戦してみました!

JINROの場合、砂糖は少なめで良いと思います

言ってみれば、梅酒のレシピは極めて簡単です。梅、氷砂糖、そしてお酒。それゆえ、梅を扱う時の丁寧さが味に響きます。参加者みんな真剣に青梅と向き合い、傷をつけないように爪楊枝を使ってヘタをとります。大粒の砂糖を入れて、そしてJINROをとっくとっくと注いで、完成!

JINROのアルコール度が低いため、長期醸造には向きませんが、その一方、お酒自体の程よい辛さと台湾産梅の酸味がマッチしていて、心地良い香りが口の中にじゅわーと広がります。

キレのある梅酒を味わいながら、初対面にもかかわらず、参加者の会話が自然と生まれ、楽しい時間を共に過ごしました。これこそが、このお店の意義ではないか、と私たちが思います。

私達がいま台北・台中・高雄に拠点をもつことになりました。拠点と言いつつ、お客様の体験が中心で、販売は行われませんでした。特に台中店は一軒家を全部 Sleepy Tofu の色に染まって、マットレスの展示フロア以外に、カフェやイベントスペースも設置しております。

sleepytofu.co.jp
SLEEPY TOFU 台中フラッグシップストア
SLEEPY TOFUの体験店

https://sleepytofu.co.jp |スリーピー・とうふ|

#この街がすき
#おうち時間を工夫で楽しく
#週末プロジェクト
#台湾好き



この記事が参加している募集

この街がすき

週末プロジェクト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Sleepy Tofu Japan
「Sleepy Tofu」は私達が二年をかけて、 台湾の職人たちと一緒に生み出した自信作です。 新しい商品の紹介と、台湾のイマドキをまじりながら、 発信していきたいと思います。