見出し画像

目には見えない何かを積み重ねて。

昼間の陽だまりの中、デッキで庭をぼんやり眺めてゆれる洗濯物。息子のジーンズが、いつの間にこんなに大きくなったんだろ?ってくらいに大きいサイズ。
なんとなく淡々と日々が過ぎていく中で、確実に少しずつ成長しているのを実感。
ここ最近は寝る前に、星野道夫さんの「長い旅の途上」を読み書かせてる。野生動物が沢山登場するから、動物が大好きな息子にはワクワクするみたい。いつか一緒にアラスカへ行き、キャンピングカーで旅をしてオーロラを一緒に見上げたい。
と、その前にコロナの状況を見極めつつ実家(三重県)にも行きたいと思ってる。
車で行くか、新幹線で行くかは、まだ分からないけど少し長い旅に出たい。僕は地元の友達と呑みたいな。息子は、祖母や叔母とずーっと遊びたいだろうな。


とにかくいろいろな体験を共にしたい。服のサイズがあっという間に大きくなるみたいに、息子が家を旅立つ日もあっという間にやってくるんだろう。そう思うと、一緒に家で暮らせる時間なんて本当に限られた時間だ。元気でいてくれればそれだけで十分なんです。他には何も望まない。そもそも、子供だからといって親の所有物でもなんでもなく、地球上の一個の生命体なので、息子の魂の赴くままにズンズン進んでいけばいい。僕はそれを見守るしかない。いや、それを見守れることがとても嬉しくて仕方がない。

画像1

山道を、土の上を歩くのが、森家の習慣になりつつあるこの頃。

画像2

春は店内の花も生き生きとしていて、ウキウキとする。

画像3

コーヒーとパンの時間をエンジョイしていますか?一口頬張れば、笑顔が溢れ出す。そんなパンをこれからも焼き続けたい。コーヒーは一口飲んで、ホッと緩む一杯を。

画像4

今日は誰がきてくれるんだろう?と、あれこれ想像しながらオープン準備の掃除後に撮った一枚。朝の光が春の色になってきた。

画像5

元気な酵母が成せる発酵。パン生地は読んで字のごとく、生きた生地。呼吸してますね。オーブンに入れる直前の一枚。

さぁ明日から仕事だ。今日は陽があるうちにお風呂に入ろう。ちょっとした贅沢。
また明日から雨が続くみたいだけど、お店はいつもと変わらずにオープンします。
お店でかける音楽も春用に衣替え。春の光に合うようなプレイリスト作りました。


moribookも着々と進んでいます。今はやれることがあんまりなくて、原稿待ちです。それぞれ依頼した原稿が手元に届くのが楽しみなんです。ほんの些細なことでも良いから、楽しみなことを、自分達のペースで積み重ねて、森喫茶もそんな感じでカタチになって来月で2周年を迎えます。

ショップカードも新しく作りました。ポイントカードも作ったのでご利用ください。


25
https://mori-kissa.com 千葉県長生郡睦沢町にて喫茶店を営んでいます。家族経営の小さなお店です。営業日の朝は自家製酵母を使って生地を手でこねてパンを焼き上げています。パンはテイクアウトもイートインも出来ます。ゆったりと、時間を忘れる空間作りを心がけています。