見出し画像

クルーズ船でトライする迫力の動物撮影 #15

今年、早くも半分が経過しました。コロナ禍に続いて、降り続く豪雨。なかなか外に出られないでやきもきしている方も多いのではないでしょうか。
今回は、クルーズ船での動物撮影についてお話してみたいと思います。被写体は色々ありますが、まずは鯨類をピックアップ。
私にとってなじみのある知床半島、羅臼でのクルーズを中心に解説します。

画像7

■ 今こそ考えたい野生動物との距離感

野生動物の撮影が身近になってきた昨今、餌付けによる生態への影響や、人身事故・駆除など、野生動物との距離感を一人ひとりが深く配慮しなければいけない時代になってきました。機材の進化と、見栄え優先のデジタル画像の風潮は、インパクトのある、派手な動物写真をネット世界に多数出現させました。
もちろん身近になったことは素晴らしいことでもあります。しかし私個人としては、撮影者が被写体である動物に出会い、推察し、理解し、距離感を配慮して、少しずつ創り上げていくのが本来の、理想的な野生動物撮影だと思っています。
しかし全てがすべて、そういうアプローチの仕方をしていては、あまりにも撮れる動物の種類や枚数が限られてしまうというのも、また事実です。仕事の合間に貴重な休暇をとって動物に会いに出かける方には、時間をかけたアプローチはかなり難しいと思います。
そういう中で撮影者が本来時間をかけて創り上げていくべき「動物との距離感」をシェアしてくれる世界があります。その中の一つがクルーズ船撮影というもの、と言えるのかもしれません。

画像4

多くの人々と、船上で一つの被写体を観察するのは一体感があり、独りで挑むフィールドでの撮影とはまた違った高揚感があります。クルーズ船自体も、もちろん被写体やその周りへの影響に配慮すべきで、実践されている方々も多くいらっしゃいます。それを乗船しながら肌で感じるのも、私たちにとっていい勉強になります。
例えば羅臼の海のシャチは、多くの研究者やスタッフによる長年の観察により個体識別が進んでいます。数年越しに同じ個体に再会できるって、野生動物観察においてはかなりの贅沢。クルーズ船では、そんなプロフェッショナルなスタッフの方たちの長年積み重ねた経験もシェアしてもらえる、と考えることもできます。
前置きが長く成りましたが、まぁそんな感じで、是非クルーズ船撮影を一度考えてみてもらえたらと思い、今回の記事を書いてみます。

■ 被写体:シャチ、マッコウクジラ、珍しい鳥類も

まず最初に、今回ご紹介する知床・羅臼のクルーズ船撮影の被写体をざっくりご紹介してみます。

画像1

シャチ

一番人気は何と言ってもシャチ。あの巨大な鯨類を間近で見られるスポットが、日本国内にもあるんです。研究者やテレビなどの映像制作チームも多数訪れています。
羅臼の海で個体識別されているシャチは300頭近くになるとのことで、世界でもトップクラスだそうです。
ちなみに、ピークシーズンは5~6月頃でしょうか。

画像2

マッコウクジラ

次いで雄大な姿で楽しませてくれるのはマッコウクジラです。日本のホエールウォッチングおいえば、ザトウクジラが有名かと思いますが、こちらではマッコウの方がポピュラーな存在。動物好きの方は、一度見るとその潜水艦の様な迫力に、きっと魅せられてしまうことと思います。潜水前に尾びれを高々と上げる様は、文句なしにカッコイイです。
ピークシーズンは8~9月頃。
クジラ類は他にもザトウクジラやナガスクジラ、さらには謎の(?)新種のクジラなど、とにかく盛りだくさんの出演陣。きっとクジラ好きの方にはたまらないですね。

画像3

イシイルカ

個人的に好きなのがこのイシイルカ。水族館ではお目にかかれない珍しい種類だそうです。泳ぐスピードがかなり速くて、その姿を写真に写し止めるのは至難の業、色がパンダカラーで、シャチに似ていますよね。他にもカマイルカなど、確認されているそうです。

画像5

鳥類

珍しい鳥も観察できる機会が多く、鳥を目当てに乗船される方もいるようです。というのも、すみません!私あんまり詳しくなくて…。勉強しなければいけませんね。ハシボソミズナギドリ、フルマカモメ、トウゾクカモメ等々…。

画像7

いかがでしたでしょうか?いかに多くの被写体に出会える可能性があるか、わかっていただけたかな、と思います。

■ 撮影機材

私が使っている機材をご紹介します。
最も人気があり、動きも速いシャチに合わせた機材セレクトです。
マッコウクジラはシャチよりは動きが遅いので、シャチを捉えられる備えがあれば、対応できると思います。

▼ クルーズ船客室内に並んだ乗客たちの撮影機材 ▼

画像8

● 速さに対応するズームレンズ、できるなら二台持ちを。
シャチは動きの速い被写体です。
遠くに現れたと思えば、あっという間に船をくぐって反対側に出てきたりします。距離感の変化に素早く対応できる、ズームレンズが使い易いでしょう。メインに、なるべく倍率の高い望遠ズーム、サブに標準のズームレンズがあれば完璧です。海の上なので、光量も十分。望遠の単焦点だと、逆に対応しづらくなります。

画像14

△ こんなシーンが突然…。素早い対応が撮影のカギになるかも… △
▼ アップで撮る…早い移動に対応できる高倍率の望遠ズームを ▼
AF-S Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
APSCボディ+70-200mm等
▼オプション(ワイド):すぐそばまでやってきたシャチを捉える ▼
AF-S Nikkor 24-120mm f/4G ED VR
AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED 等
※光量は十分なので、F2.8にこだわる必要はない。

画像9

上の写真の様に、まれに船のすぐそばまで向こうから寄ってくることもあります。そういう場合、超望遠レンズでは対応が難しくなります。
もちろん、状況に恵まれず、被写体に近づけずに、遠くにしか見えないこともあります。なるべく長いレンズで大きく撮りたい、という思いもありますが、その場合、好条件の時に対応が難しくなります。状況は変わるので何とも言えませんが、総合的に考えると、高倍率の望遠ズームレンズがお薦めですね。

画像10

こちらは80-400mmで撮影。

画像11

同じレンズで風景を入れて。ズームレンズならここまで対応できます。
シャチの時期は、残雪をまとった知床連山を背後に入れても美しいですね。

画像15

△ こちらはマッコウクジラ。シャチよりはゆったり撮影できます。△
200-500mmで撮影。

● カメラバッグ・ストラップ・アクセサリ
意外と重要なのが、アクセサリ類。特に2台持ちの時は要注意。
揺れる船上で、ゴンゴンカメラをぶつけてしまったりしないように
ストラップで固定する、バッグにしまう等の注意が必要です。
ちなみに僕は結構ぶつけてます…。笑)

画像12

1.カメラバッグはしっかりしたものを
足下に置いたり、動き回る場合は背負ったりして、しっかり収納できるもの。さらに素早く取り出せるなら尚良いです。私自身はマインドシフトギアバックライト26Lを使用。サブカメラには、アウトバウンドホルスターも良いです。
2.三脚はいらない
足場が悪い上に揺れるので、必要ありません。
光量は充分、被写体も動きが速いのでシャッタースピードは是非速めに!
3.ストラップ
シャチの動きに合わせて船内を移動することもあります(他のお客さんとの距離感にも配慮が必要です…)。揺れるので、使っていない方のカメラを首から下げるには、ブラつかないようにピークデザイン・スライド等の速射系ストラップを是非。そうすると二台持って自由に動き回れます!
4.PLフィルター
晴れて凪の場合、水面の反射を取り除くためにPLフィルターを装着
するのも面白いです。水面のすぐ下のシャチの身体も写せます。

画像13

△ 幼い子供と…。じゃれ合ったり、寄り添って泳いだり… △
運が良ければ色々なシーンを見ることができます。

■ クルーズDATAと注意点

● 期間 5月~10月(シャチは5・6月が多い)
● 出港時刻・9:00頃・13:00頃 (GW等は臨時便も)
● 価格:9,000円前後

● 注意点
1. シャチは必ず会えるとは限らない
確率を上げるためにクルーズ会社のブログで状況をチェックし、状況が良い時を狙いましょう!
2. 海が時化ると欠航します
確実を期するならば、旅程に予備日を設定すること
3. 晴れていても防寒具を
風が強いと、海の上は寒いです!撮影に集中するためにも!
4. せっかくなので、景色も楽しみましょう
もしシャチに会えなくても、景色や珍しい鳥、イルカ、クジラなど、撮るものはたくさんあります…!明一杯楽しんで、楽しければ再トライも!

いかがでしたでしょうか…。
羅臼の海は非常に見るものに富んでいて、クルーズ撮影は動物を撮影してみたい方にとっては、コストはかかりますが、安全にダイナミックな大型動物撮影を楽しめる魅力的な手段と言えると思います。
まずは羅臼のクルーズ船会社を検索し、情報をチェックしてみてください。きっと興味を持っていただけると思います。
かくいう私もそう頻繁に乗っているわけではないのですが、船上で見かけたら是非声をかけてみてくださいね。

画像16

△ 動物がいなくても、洋上の景色はそれだけでも一見の価値ありです!△

興味がある方は是非、下記の記事もどうぞ!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
さて、次は…どんな内容にしよう…リクエストありましたらぜひお寄せ下さいね。次の更新も頑張ります!


更新情報はツイッター・フェイスブックで随時配信しています。
フォローしていただけると嬉しいです。
■ twitter @sinh11  ■ facebook
■ マガジン 自然写真家のnote
▼ 前記事 ▼
身近な虫を撮る方法。自粛生活下で、マクロ撮影に挑戦してみた。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、旅費や機材など新しい撮影活動の資金とさせていただき、そこで得た経験を、またこちらで皆様にシェアしていきたいと思います。

やった! :)
129
二神慎之介 / 東京/道東。写真撮り。映画『草原の椅子』から写真の途に。 現在はヒグマを中心とする野生動物を被写体に活動中。 http://www.sinh11.com/

こちらでもピックアップされています

自然写真家のnote
自然写真家のnote
  • 16本

ヒグマや漁師... 野生動物や自然に関って生きる人達を撮影する二神慎之介の思うこと、自然観、撮影活動について エッセイ形式で綴っていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。