見出し画像

世界再編の遊戯

クロガネとカゲロウ。
二人の闘いは終盤を迎えようとしていた。カードは残り8枚、4組を残すのみ。数を合わせ最後にカードをめくった者がこのゲームの勝者となる。

クロガネはゆっくりとカードをめくる。

1枚目、星の7。
2枚目、若葉の8。

…ミスだ。

「おやおや」

カゲロウは笑みを浮かべて言った。

「これはいよいよ後がない」

二人の周囲には白い光が渦巻く。これは世界再編の光。勝者が望む世界が形作られ、敗者は望んだ世界と共に滅ぶ…。

「御託はいい。続けろ」とクロガネ。

カゲロウはカードをめくる。

若葉の8。
大地の8。
ヒット。
残り3組。

炎の6。
若葉の6。
ヒット。
残り2組。

星の7。
炎の4。
…ミス。

カゲロウの顔が曇る。あり得ない。駆け引き、イカサマ、催眠術、念動力。あらゆる手段を使ってここまで漕ぎ着けた。完璧だった。それなのに…

「そんなはずはない、そうだろ」

クロガネはカゲロウを見つめ、静かに言った。

「お前の世界はここで終わりだ」

【「世界は再編された。しかし…」に続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
しゅげんじゃ

きっと励みになります。

やったぜ!
ただひたすら功夫あるのみ。