見出し画像

【2022.07.29:BOKURAのファンマーケティング週報】

ファンマーケティングのBOKURAししどです。

BOKURAは現在、7期の決算月です。
来月から8年目に突入する、まだまだ何も成し遂げていないスタートアップ企業です。

日々思考錯誤しながらも、徐々にメンバーや売上が増えてきています。
経営における4大課題、
・組織創り
・資金調達
・事業推進
・基盤整備

…それぞれにおける現状の課題や、うまくいったこと、壁にぶつかっていること…などを代表取締役目線で毎週、週報という形で記していきます。

※かなり内部的な話もあるため、全文閲覧は有料設定(今回は全文無料!)にしていますが、これから起業する方や、現在スタートアップで働いている方…などが読んだ時に、
『スタートアップの会社の社長はこんな事を考えているのか』
…と一端がご理解いただけたらいいなと思っています。

前段長くなりましたが、それでは本題の今週の週報です。



―――――――――――――――――――――――
◆組織
―――――――――――――――――――――――

運用の要の岡ちゃんが数日間入院してていなかったけど
大きなトラブルなく運用できていた1週間でした。
先週のコロナ続出に続いて、だいぶ運用がマニュアル化できてきた形。
これから案件数を30→70…1年かけて倍増していくにあたり、
煩雑化せず、さらにクライアント満足度上がるよう、
GIVE施策含めて形を創っていきましょう

採用候補も徐々に数が増えてきた。
新規営業、フロントコンサル…それぞれ、
9月入社、10月入社が数名見えてきた。
8月1日~伊謙くん入社!

―――――――――――――――――――――――
◆資金
―――――――――――――――――――――――

2022年4月:5,000万円(エクイティ調達完了)
2022年6月:MAX5,500万円(事業再構築補助金申請完了。入金時期未定)
単月黒字転換にはざっくり月の売上が1,500万程度必要になる。

SO発行について今各所に相談しています。
・無償発行
・有償発行
・信託型
業務委託メンバーにも発行を考えると有償発行かな、と考案中。


―――――――――――――――――――――――
◆事業
―――――――――――――――――――――――

<新規受注>
今週は受注無し。
受注確度高め案件は
・(コスメ)
・(小売り)
・(エンタメ)
・(食品)
・(高級ドッグフード)
・(ワイン)
・(地方創生事業コンサル)
・(エンタメ)
・(商業施設)
・(外食)
・(メーカー)
・(流通)
・(流通)
…など。

<既存>
直近受注した案件の社内キックオフMTGを実施。
案件を進めていく上での6ヶ月~12ヶ月程度のスケジュール感を
もっと明確にすべきと感じた。

あとレポートフォーマットも案件ごとにバラバラなので
ここを統一していくことでまだまだ生産性を上げられそう。

【レポートフォーマットプロジェクト開始しよう】
月一程度で提出するレポートフォーマットをある程度統一化したい。
①各案件で提出しているレポートを集約
(レポート出してる案件全て)
②現状レポートに入ってる項目を洗い出し
③今後フォーマットとして取り入れるべき要素を決める
④レポートフォーマットを創る
…ここまでを8月中にやりきりたい。


<制作>
BOKURAのYouTubeチャンネルがオープンします!
8/1に最初の動画を出します。
週1でファンマーケティングについて動画をUPしていきます。
そして月一程度で撮影もしていきます!

https://www.youtube.com/channel/UCTJOxDTfODF-pw-XKBNtAPA/featured



<開発>
FANZOUリリース完了!
BOKURA初めてのプロダクト。
『ファンの熱量を可視化し管理する』
…って改めてすごいこと言ってるな、と。
ファンというか顧客を売上や継続年数などでツールを使って管理するようなものはこれまでもいくらでもあったと思う。
これをBOKURA独自の(特許出願中)愛・知識・売上・推奨で
数値化していくことで、誰にどんなプロモーションを実施すべきかが
ハッキリしていく。結果、CVRが上がり、プロモーション効率が上がる。

<コーポレート>
事業再構築補助金、ようやく申請完了。
ここから補助金が下りて入金されるまでに申請しなおしなど
まだまだ大変なことあるかもだけど、
会社のキャッシュを増やしていく意味ではすごく貴重な数ヶ月だった。


<採用>
『BOKURAでどんな人が活躍している?』
『どんな人がBOKURAに合う?』
『BOKURAではどんな人を求めている?』
①何かの強烈なファンであること
②カオス耐性
③給与は『費やした時間に対する対価』ではなく『貢献した結果に対する対価』と考え行動できる
④継続したインプット&アウトプットができる
…採用現場では一貫してこれを伝えていきます。
そういった考えのメンバーが増えていくということです。

―――――――――――――――――――――――
◆基盤整備
―――――――――――――――――――――――
<福利厚生>

採用のところで記載した内容を
現メンバーにも上記を求めていくと同時に、
そうなるための福利厚生を設定していきます。
①:ファンファン手当
②:これから考案
③:評価制度変更
④:フライヤー導入


―――――――――――――――――――――――
◆今週のひとこと
―――――――――――――――――――――――

7期が終わりました。
8/5に締め会を行いますが、
7期までの色んな出来事をまとめて発表したいと思います!
7期はこれまでの中でも一番生産性高く働いた1年だったと思います。
(営業利益:約5%→5年後に20%を目指します)

今週もお疲れさまでした!



フォローよろしくお願いします!

この続きをみるには

この続き: 0文字

・ 定期購読開始以降の全ての記事を見ることができます ・ BOKURAがこれから挑戦することを事前に知ることができます ・イベント関連のご招待を優先的にお伝えします ・ファンを創るスキルを余すことなくお伝えします

BOKURAカレッジ

¥500 / 月 初月無料

『ファンを創る』は誰にでも必要な永遠のスキルです。 そして確立されていないスキルでもあります。 BOKURAのファンマーケティング事業や色…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
BOKURAししど/ファンマーケティング

最後までお読み頂きありがとうございます! BOKURAの社内、社外のアレコレを発信していきますので、ご興味あればフォローをお願いします。 Twitterはこちら! https://twitter.com/shishishi0429