スクリーンショット_0031-05-05_11

SHIPマガジン〜4月まとめ〜

このnoteはSHIPのメンバーのnote投稿をまとめたものです。
SHIPメンバーがどういう人なのか、どんなことを考えているのか…ぜひ、ご覧あれ!

こんにちは。
東新宿SHIPです。平成最後のSHIPマガジン!投稿は令和w

SHIPが大切にしていること、それは『心理的安全性』
メンバーは、徐々に心理的安全を確保しつつあると思います。
Pointは、与えられるものでなく確保するという点です。

人の変化に触れられるコミュニティに属していること・自分の価値観に合うコミュニティに属していることは、人生を豊かにするかもしれませんね。

さて、SHIPマガジン〜地域包括ケア時代のコミュニティリーダー〜ですが、SHIPにどのようなメンバーが居て、彼ら・彼女らは何を考えているのか、というものに触れることができればと思って、マガジン運用をはじめました。

それでは4月にマガジン追加されたものを振り返ってみます。
全部で8投稿です(素晴らしい!!!)

***

1:安楽死×SFで作品を作りたい方いませんか?

5月末にSHIPメンバーの西先生の本がでます。西先生は、緩和ケアの医師であり、暮らしの保健室等も行っています。がんの方が、自分で選んだ場所で逝けるように病院と地域と両方の環境整備にもあたっている素敵医師です。
本を出版するにあたって、西先生からお誘いが!安楽死×SFで作品つくりませんか?というもの。こちらTwitterでも呼びかけれて居ますね。興味のあるかた、是非、西先生にDMを!

これが連続Tweet!

***

2:アキノリカスヤの教えてシリーズに呼ばれちゃった〜私が考えていること〜

このnoteは在宅理学療法士ささきとしてつながりのある糟谷明範さん、さらにSHIPメンバーでもある彼が、理学療法とは関係のない分人、まさまさとして活動している部分を含めて面白がってくださり、アキノリカスヤの教えてシリーズに呼んでくれました。理学療法士なのに、それにとらわれず活動している部分やその理由を中心に話す、そんな機会をいただきました。そのイベントの様子と考えていることを書いてみました。

***

3:第13回【テーマトーク】伝わるってどういうこと?(音声コンテンツ)

こちら音声コンテンツ。ゆるゆると続けております。今回は、『伝える』ということをテーマに話してみました。伝える・伝わる…1文字違いで大きな違いです。ぜひ、移動時間の暇つぶしにも聴いてみてください!

***

4:クックパッドに潜入してきた:その2〜新規事業cookpad martが熱い〜

このnoteは、クックパッドのブランディング・編集を担当されている方にクックパッドのいろいろを説明していただいたことをまとめたものになります。そして、新規事業クックパッドマートcookpad studioの取り組みがすごく面白く、医療・介護・福祉という切り口で、見てみたものになります。ぜひ、みんなとも使い方を考えていきたいです。

***

5:第14回【テーマトーク】一つをやり遂げる?いろいろやってみる?

音声コンテンツです。学生さんから質問をいただきました。農学部の学びを通して医療にすごく興味がわきました。農学部を卒業し、就職した方がいいのか、医療の分野に進むべく別の大学に行った方がいいのか?迷っている様子でした。その迷いに対して話してみました。

***

6:第15回(音声コンテンツ)メンバー紹介:重本 誠之さん

SHIPメンバーのしげちゃん。2019年2月に訪問看護ステーションをopenさせました!おめでとう。SHIP運営統括のかずきさんが、訪問看護ステーション1日体験をさせてもらいにいったようです。青戸訪問看護ステーションは見学もスタッフも大募集中です。嬉しいことに依頼がたくさんあっててんやわんやしているって言っていましたよ。

7:社会的処方研究所Researchコンテスト開催します!

この取組ものすごく面白い!ぜひチェックしてみて!このフィールド・ノートも西先生に言えば手に入るはず!(1000円だったと思う)
クラウドファンディングやってないけど勝手に参加しちゃおうかな。

引用:医師が出す薬ではなく、地域のつながりで人を元気にする「社会的処方」。そのしくみの要となる地域資源を見つけに行く「Research」。いまこそ、みなさんが集めた情報をシェアし合うとき!社会的処方研究所のクラウドファンディングをした時からずーっとやるやると言い続けて、なかなか開催されていなかった「Researchコンテスト」をいよいよ開催します!

***

8:第16回_【石井コンテンツ】石井の頭の中を覗いてみよう〜アイディア出しとクリエイティブ 前編〜

音声コンテンツでもコレはいいぞ!石井コンテンツ!SHIP運営代表石井さん。石井さんはこれまで、たくさんのものを生み出しています。例えば、うんコレ本:19歳で人工肛門、偏差値30の僕が医師になって考えたことYoutubeで見る身体診察痛便器〜ハイパーうんこ体験シンギュラリティトイレGAIA触覚体験うんこツンツン などなど、まだまだあります…。
実現・カタチにする前に、石井の頭の中はどうなっているのか?そのあたりをSHIPメンバーで質問攻めにしましたw

***

いかがだったでしょうか?
SHIPマガジンに追加されたnoteは、その都度、Twitterでも配信していきます。
ぜひ、東新宿SHIPアカウントをフォローください。

今月のまとめ記事を担当したのはSHIPのコミュニティマネジャーささきでした(ささきは今仕事を探していますw 気軽に誘ってください)

5月はどんなnoteができあがるでしょうか…。
令和で音声コンテンツでもとろうかなww
音声コンテンツのテーマも募集しています。
コメントいただけると嬉しいです!

では、また来月あいましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

SHIPというヘルスケアに特化したコミュニティの運営費にさせていただきます。メンバーが自分の好きに正直に事業を作っていけるようになることが幸せかと思っています。

よろしければシェアお願いします。
3
ヘルスケアついて色々な角度から知見を提供出来るフレンズが集まるPark。それがShinjuku Healthcare Incubation Park(SHIP)です。目の前の医療に疑問を持った時に安心して集まれる場を目指します。 SHIPの活動をどんどん外に出していきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。