臨床ガチ大学

脊柱の運動療法で1番最初に見るべき機能評価と改善ポイント!

脊柱の運動療法で1番最初に見るべき機能評価と改善ポイント!

脊柱の運動療法を行う際には… 脊柱の動きが正常なのか。もしくは問題があるのか。 それを判断・評価する必要があります。 評価方法に正解はありませんが、臨床では一見は姿勢も問題なく、脊柱の動きも問題がない様に見えるケースも多く、見えるだけで実際は代償を見逃している結果として正常に見えていることも多いです。 そのため… 代償が出ない様な基準を作る必要があり、その基準を1つ作ることで、脊柱の状態がどうなのかってことを判断することが可能になります。 実際に、自分自身が臨床で

10
「動き方の癖」を見分ける際に最適!「動きの評価」で活用しやすいピラティスのメニュー5選!

「動き方の癖」を見分ける際に最適!「動きの評価」で活用しやすいピラティスのメニュー5選!

ピラティスは「動きを鍛える」とも言われる様に、動きを変えるためにピラティスを活用することは効果的です。 そして… エクササイズとして、ピラティスを活用するだけではなく、動き方の癖を評価したり、動き方の特徴を評価する上でもピラティスを活用すると判断がしやすくなります。 エクササイズだけではなく… 評価としても活用できるということです。 数多くのピラティスのメニューの中でも、臨床での動きの評価において、活用しやすいピラティスの種目を5選紹介します。 動きの評価に活用す

36
胸椎の動きの中で「胸椎伸展」の動きが共通して1番分かりづらい3つの理由!

胸椎の動きの中で「胸椎伸展」の動きが共通して1番分かりづらい3つの理由!

運動療法を行う中で… 脊柱の運動療法を行うことは多いと思います。 その中で… 胸椎の運動療法においては、可動性を高めるエクササイズを行う機会が多いと思いますが、胸椎の動きにも屈曲・伸展・回旋の動きがある様に、全方向に動かせることになることが理想です。 ですが… 「胸椎伸展」の動きだけは、運動療法を指導する際に、最もクラアントさんとしても動かしている感覚が分かりにくく、指導者側としても理解してもらいにくいため、胸椎伸展動作において、「胸椎を使う」「胸椎を動かす」という

21
周りの理学療法士よりも、頭一つ突き抜けた存在になる3つの方法!

周りの理学療法士よりも、頭一つ突き抜けた存在になる3つの方法!

過激なタイトルですみません。笑 「理学療法士」というタイトルですが、「柔道整復師」「パーソナルトレーナー」「インストラクター」でも全てに共通していることだと思います。 大多数ではなく、少数派に入り、自分の希少価値を高めるために今までやってきて自分なりに経験から実践して重要だと思ったことを3つに絞って書きます。 「理学療法士の資格持ってます。」 とか言っても、日本全国探せば理学療法士の資格持ってる人は探せばいくらでもいるわけで国家資格を持っているから安心とか、周りと違う

33
スウェイバック姿勢の改善に100%アプローチが必要なポイント3選

スウェイバック姿勢の改善に100%アプローチが必要なポイント3選

臨床では、痛み改善をしたい方を中心に診ていますが、その一方でボディメイクや姿勢の悩みを何が何でも良くしたい。 という方も日頃から多く診ています。 そのため… 姿勢についての参考書や文献を読んだりするわけですが、正直なところ姿勢はパターンに分類できて、短縮しやすい筋肉や弱化しやすい筋肉があったりしますが、その文献や参考書の知識を頭に叩き込んでも、実際に改善できるかは別問題ですし、教科書や文献の内容だけで改善するのは正直な所、自分の今までの肌感覚では厳しいと感じています。

30
【誰でも確実に触診できる】膝関節アプローチに重要な「縫工筋」「半膜様筋」の触診方法のコツ!

【誰でも確実に触診できる】膝関節アプローチに重要な「縫工筋」「半膜様筋」の触診方法のコツ!

以前ツイッターで… 殿部の触診方法のコツについてツイートしたら好評だったので、今回のコラムでは自分自身が臨床で実際にやっている膝関節アプローチに必要な「半膜様筋」「縫工筋」の触診方法について紹介をしていきます。 触診に関しては… 触りたい組織が確実に触れる これが1番大事になってきます。 例えば… 外側広筋を触診する場合だと、人によっては、大腿直筋を目印にして探す人もいれば、腸脛靭帯の下方に位置するため、腸脛靭帯を目印にして探す人もいると思います。 結局は触れた

48
やってみる以外は結果が出ない話!

やってみる以外は結果が出ない話!

当たり前の話なんですけど… 全ての物事でめっちゃ大切な考え方なのでコラムにします。 臨床でも… 日常でも… 恋愛でも… ビジネスでも… 全てに共通する内容なので、最後まで読んで下さい。 Instagramで質問コーナーとかをたまにやるんですが、一般の方、同業者の方からも質問を頂く機会がありますが、「答えようがない質問」から「的を得た質問」まで色んな質問を頂くので、自分自身も勉強になっています。 自分も新人の頃は上記の様な質問をしていましたが、実際のところは、上

17
「膝裏の痛み&違和感」を改善するために重要な「膝窩筋」の機能解剖&運動療法のコツ!

「膝裏の痛み&違和感」を改善するために重要な「膝窩筋」の機能解剖&運動療法のコツ!

今回は「膝窩筋」に絞ったテーマ。 膝関節の後面に位置する「膝窩筋」ですが、膝裏の痛み&違和感&つまり感がある方に対しての原因になっていることが非常に多い組織になります。 「膝窩筋」が問題になりやすいと知っていても、ただマッサージやストレッチをすればいいわけではなく、機能解剖学的にアプローチの仕方を工夫する必要があります。 今回紹介する方法を実際に臨床で行っていますが、膝窩部の痛みに対して、「膝窩筋」の問題で症状が出ているケースであれば、アプローチの前後での変化や効果もあ

50
【O脚の治し方】股関節機能を改善するための評価ポイントと運動療法が欠かせない筋肉4選!

【O脚の治し方】股関節機能を改善するための評価ポイントと運動療法が欠かせない筋肉4選!

普段から膝疾患を診る機会が多いのと同時に… O脚やXO脚などのボディメイクの悩みがある方に関しても、オンラインセッションやピラティスをやっています。 セラピストであれば… 膝関節疾患も多く診ている方もいますし、、 トレーナーやインストラクターであれば… O脚・XO脚が悩みの方を診る機会も多いと思います。 膝疾患とO脚ともに共通していることがあり、アライメントの捉え方や考え方が共通している部分があります。 アライメントを改善すれば、膝の痛みも改善するという様な問題

25
脚のライン(O脚・XO脚・X脚)を改善する際に欠かせない筋肉!「股関節内転筋」を鍛えるべき理由5選!

脚のライン(O脚・XO脚・X脚)を改善する際に欠かせない筋肉!「股関節内転筋」を鍛えるべき理由5選!

膝疾患を診る上でも、脚のライン(O脚・XO脚)などの改善をする際にも1つカギになる筋肉をあげるとしたら「内転筋」になります。 内転筋が機能しないことで問題が起きている方は非常に多く、内転筋の重要性について一度知っておく必要があると思います。 今回のコラムは、普段から膝疾患やO脚・XO脚などの脚のラインなどを診る機会がある方には役立つコラムになっているため最後までご覧下さい。 機能解剖学的な特徴から5つをピックアップして解説をしています。 ①股関節を動的に安定化する

66