見出し画像

生命の讃歌 建築家 梵寿綱+羽深隆雄【美術出版社】

梵寿綱 羽深隆雄 著
A4変型判/260頁/5,800円+税

早稲田大学そばにある奇怪な建物「和世陀」を1983年に設計した建築家・梵寿綱(ぼん・じゅこう)と、旅館「仙寿庵」、鮨屋「銀座久兵衛・別館」などを手がけた建築家・羽深隆雄の2名を紹介する異色の建築作品集。

「和世陀」(『住宅特集』1987年6月号掲載)などの作品で知られ,経済性に支配されない表現的な建築を模索する梵寿綱と,「仙寿庵」(『新建築』1997年8月号掲載)など,多くの和モダン建築を手がける羽深隆雄の作品集.

ディテールやそれをつくる職人,素材との関係性に着眼し1冊に収めることで,徒弟関係にあり根底を同一としつつも,まったく異なる表現様式を持つ両者の思想を比較することができる.
また,建築史家,鈴木博之(1945〜2014年)が最晩年(2013年末)に執筆した評論では,情報化社会における場所のあり方,その手法としての素材の利用や装飾を通して両者を分析していく. (ゆ)


出版社のウェブサイトはこちら

Amazonはこちら


掲載号はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

『a+u』3月号発売中!
5
株式会社 新建築社は、1925(大正14)年の創業・『新建築』創刊以来、月刊誌を中心とした建築関連の雑誌・専門書を発行しています。建築を様々な角度から取り上げ、新しい建築を求め誌面をつくっています。 https://shinkenchiku.online/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。