木村夕子(牧師・司祭・パン屋)

キリスト教 日本聖公会の司祭  北海道の素朴な街の教会や、夫が営むパン屋で働いています。元気だけはたっぷりあります。優しい人だと言われます。でも実は猫をかぶった猛獣です。牧師らしくない牧師だと思っています。

星を見る人は

2020年 2月 北海の光  早朝からの鮭釣に備えてテントを張ったオホーツク海側のキャンプ場で目を上げると、水平線の際から空一面に星がぎっしりと詰まっていた。あまりの...

”小鳥食堂パン屋の店先にオープン” 毎年厳寒期のみ開催しています。果樹園で拾った落ちリンゴながら、小さいリンゴは歯ごたえあり。大きいリンゴはふわっとした食感。品切れに注意しながら、早朝もできる限り対応しています。春に山の食料が採れるまでは、どうぞおいでくださいませ。

敵を愛するなんて・・・。でも敵が意外な相手なら?

青春の入り口が平成の始まりだったので、昭和のこどもらしく親にぶたれた記憶がはっきりとある。こどもの頃は、注意されたことを一回で身に着けられる人が不思議で、うらや...

スタート・ゴール・新しい時

2009年 12月 聖公会新聞  イルミネーションの光景が随分と目に馴染んできたが、先日遠方に暮らす信徒さんとの別れ際に「どうぞ良いお年を」と挨拶を交わした。教会の暦...

光と影 等しく愛おしい

2009年 11月 聖公会新聞  久しぶりに大型ショッピングセンターへ行ってみると、既にクリスマスの雰囲気が漂っていた。そうだった、保育園の職員会議でも、教会委員会で...