見出し画像

1世紀の重みを観る。100年前のカメラを使う。

画像15

面白いカメラを久しぶりに使ったので。

写真の歴史はもうだいぶ古く、そろそろ200年。100年前くらいでは中堅といったところですが、このKodak No. 2 Folding Autographic Brownieは1915年発売。日本では大正時代のカメラです。そう考えると写真って本当に面白い。カメラの歴史を追うだけでも勉強になります。一瞬でタイムスリップするような感覚になります。戦前までひとっとび。

画像1

大学に入ってすぐのころは古いカメラにぞっこんでした。カメラというものは意外と古いものまで問題なく動いてしまう。なおかつ値段も安いので簡単に手が伸びます。このカメラは2000円くらい。

画像2

デザインもとても古く、今の表記とは全然違うポイントがいろいろ。このカメラは今でも製造されている120フィルムが奇跡的に使えますが、本当に少数派。

1世紀の重みを得たレンズの描く世界。

新宿、2019年

画像5

画像4

画像5

多摩美大 2019

画像6

画像7

画像8

画像9

橋本周辺 2019

画像10

画像11

画像12

画像13

画像14

家、父。2019

画像16

2020

画像21

画像22

画像23

2021

修理したので大分キレイになりました。

画像18

画像19

画像20

画像21


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thank you!
147
デザインを勉強するつもりがカメラが好きになってしまった、美大に通う学生です。https://twitter.com/shimkarom_works