第37回

あたしが彼氏を親に紹介していない理由

昨年末から、あたしは彼氏と同棲を始めた。
付き合って1年で同棲に至ったが、実はその半年以上前から彼氏はあたしの部屋(ふたりで住むには狭すぎる)に居候していたので、むしろ「早く一緒に住む部屋借りろよゴルァ」と催促しての顛末である(笑)

男と一緒に住む場合、あたしは一応親に報告している。これまで何人かの男と住んできたが、存在すら隠し通した男はひとりもいない。あたしの両親は割とオープンマインドな人達なので、彼氏がいることを内緒にするほうが気が引けるのだ(さすがに不倫だった相手は秘密にしたが)。

結婚を前提としているならば、同棲はまさに「親へ紹介」するタイミングといえる。だが今回、あたしは彼氏を親に紹介しなかった。
正確には「紹介できなかった」のだ。

この続きをみるには

この続き: 1,184文字
記事を購入する

あたしが彼氏を親に紹介していない理由

島田佳奈(Kana Shimada)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
2
作家/女豹ライター/コラムニスト。 ここでは、ブログや連載媒体では書けない「女の本音」や昔の秘蔵原稿などをアップします。 コンテンツは基本有料ですが、一部無料または投げ銭もアリ。

こちらでもピックアップされています

熟女はつらいよ!?
熟女はつらいよ!?
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

レベル51(2020年現在)の熟女・島田佳奈が実際に遭遇した「熟女ならでは」の辛辣さから旨味まで、包み隠さずリアルに語ります。 意外と知られていない「熟女の生態」について、色眼鏡を外せること間違いなし! 似たような悩みを抱える同世代の熟女、これから熟しはじめるアラフォー女子、パートナーが熟女の男性諸君は特に購読推奨。