死生観について考えるお年頃
第24回

死生観について考えるお年頃

島田佳奈(Kana Shimada)

生誕半世紀まであと1年となった。
よくもまぁ、ここまで無事に生きられたものだと我ながら感心する。

長らく虚弱体質な人生を送ってきたあたしは、三途の川を眼前にするほどの危機こそ瀕したことはないが、「このまま病院に運ばれなかったら死ぬかも」という苦しみは無数に体験してきた。

この続きをみるには

この続き: 1,880文字
記事を購入する

死生観について考えるお年頃

島田佳奈(Kana Shimada)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
島田佳奈(Kana Shimada)
作家/女豹ライター/コラムニスト。 ここでは、ブログや連載媒体では書けない「女の本音」や昔の秘蔵原稿などをアップします。 コンテンツは基本有料ですが、一部無料または投げ銭もアリ。