いま欲しいのはカジュアルな相互理解。botがメンバー紹介する「Colla」が気になる。
見出し画像

いま欲しいのはカジュアルな相互理解。botがメンバー紹介する「Colla」が気になる。

わたしは自己紹介が苦手だ。

他人の自己紹介を聞くのは大好きなのだが、自分の紹介は昔からなんとなく苦手。

理由は色々あるのだけれど、単純に「話下手なんだよな。。」とか「相手は興味ないかもしれないから退屈だったら申し訳ない」とか、無駄に気負いするからだと思う。

そんな私だが、最近、コロナ影響で初対面の方とオンラインでの打ち合わせやグループワークをする機会が増えている。制約のある中で良い関係性をつくったり、成果を出すには、これまで以上に、自己紹介含め関係者の相互理解を深める工夫が重要になると日々感じている。

何かよいアイデアがないかと探していると、ふとみつけた。

「Colla(コラ)」が気になる。

「Colla(コラ)」 はBotが社員インタビューをしてメンバー紹介してくれる無料Slackアプリ。

主に、以下のことができるようになっている。(公式サイトより引用)

【「Colla(コラ)」でできること】
Slack Botが社員みんなにインタビューをしてくれる
毎日Slack内でBotが社員紹介を発表してくれる
新しいメンバーが加わったときは、Botが社員インタビューをしてslack内で紹介してくれる

今回試しに、自分だけのメモ用slackで使ってみた。

①まずは、slackにCollaを招待

②次に、配信チャンネルやインタビュー時間等の設定を実施。

③その後、自分への初回インタビューに回答。質問内容がありきたりでないのがなかなかおもしろい。

④回答後、②で設定した紹介時間に回答が配信された。回答に対して追加質問や共感コメント、スタンプなどで反応することでゆるく盛り上がれそうだ。

試した感想として、「botにインタビューされたからとりあえず答えてみる」→「周囲が自然と反応して盛り上がる」→「結果、相互理解が深まりチームワークがよくなる」という好循環が生まれそうな点がよかった。

botが自動で頑張ってくれるので、だれかが仕切る必要もなく、負担がない。
オフラインの場で自然に生まれていたカジュアルな雑談が再現できそうな気がするので、上手に活用していきたいと思った。

#自己紹介 #Nサロン岸田ゼミ #Nサロン   #WEBサービス  #Colla #チームワーク


この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
素敵なモノ・ブランド・サービスを見つけて発信することがスキです。noteお勉強中。Nサロン受講生。