人生とビジネスに役立つデザイン

25

『呪術廻戦』のロゴは、紀元前に遡るけれど、あなたのポケットにも入っている篆書体



画像引用:PR TIMES 「10月よりTVアニメがスタートする『呪術廻戦』の複製原画展がアニメイト池袋テンポラリーストアにて8/21より開催!さらにツイッター応援キャンペーンも実施!」

知っている人もよく知らない方もいると思いますが、週刊少年ジャンプで連載中の漫画で、超絶ハイクオリティのアニメは東京杉並区のアニメ制作会社株式会社MAPPAが制作している『呪術廻戦』という作品があります(連載

もっとみる
ものすごく嬉しいです。

【良いモノ 037】 リブランドされたジノリのロゴ

「良いモノ&ブランド」マガジンは、良いモノを有形無形関係なくひたすら紹介していきます。クラシック音楽の話を続けたいところなんですが、このリブランドはおもしろいなと思ったイタリアの食器ブランド、ジノリの新しいロゴについて書きたいと思います。今回はデザインの話も含むので良いモノ+役立つデザインの話のマガジンの両方にまたがる記事として書きます。



リチャード・ジノリって何?

イタリアのラグジュア

もっとみる
嬉しいなぁ、本当にありがとうございます!

アール・ヌーヴォーとアール・デコの違い

火曜日なので人生とビジネスに役立つデザインの話。今回はインテリア・デザインにでてくるアール・ヌーヴォーとアール・デコの違いについて。

どっちが先?

アール・ヌーヴォーが先で流行したのは19世紀末から20世紀はじめごろ。アール・デコは、1910〜1940年ごろに流行しました。アール・ヌーヴォーが先。アール・デコがあと。

アール・ヌーヴォーとは

アール・ヌーヴォー作品

アール・ヌーヴォーとは

もっとみる
おかげでしあわせです!

「安くなるデザインの特徴」 高級のデザイン&安価のデザインの違い

火曜日なのでデザインの話。今回は、やってしまいがちなデザインでのチープ化の話です。

ビジネスをハックするデザインの知識のマガジンです。興味があればフォローしてください。

安くなるデザインの特徴

安さを伝えるデザインではなく、「そうするつもりがないのに、安くなっていくデザインの特徴」について紹介します。結論から言うとそれは、

高級に見せるつもりだったのに安易にわかりやすさを保証しようとしたデ

もっとみる
ものすごく嬉しいです。

ファッションと書体

火曜日なので人生やビジネスに役立つデザインの話。前回はヘルベチカという書体の話をしましたが、今回は書体がどう使われているのかをハイブランドのロゴに見ていこうという話です。

ファッションと書体はバッチリ密接

今までチョロチョロと書体の話をいくつか書いてきました。ヘルベチカやFuturaという2大人気書体についてや欧文書体の種類について、イタリック体とはなど。その他の書体やコンマやコロンについても

もっとみる
おかげでしあわせです!

ヘルベチカという書体は一体何なのか

火曜日なのでビジネスや人生に役立つデザインがテーマです。今回は、ヘルベチカという書体について。

どこで見かけるのか?ヘルベチカ

デザイナーではなくてもその名を知っている方も多い、ヘルベチカ(Helvetica)という書体があります。

いったいどこにヘルベチカが使われてるのか。東京のど真ん中で使用されています。

ローマ字表記の部分がヘルベチカです。日本語部分は新ゴという書体。
Ogiyosh

もっとみる
おかげでしあわせです!

「香り」 ラグジュアリーで使われるデザイン

火曜日なのでビジネスや人生に役立つデザインがテーマです。今回は、異色の「香り」について。

香りはデザインか?

デザインの定義は、さまざまですが、とりあえず、Paul Ralph博士とYair Wand博士の定義を参照してみます(※1)。

To create a specification of an object, manifested by an agent, intended to ac

もっとみる
スキを押してくださってありがとうございます!

ラグジュアリーを伝えるメディア「紙」

火曜日なのでビジネスや人生に役立つデザインがテーマです。

もっともわかりづらいデザイン「紙」

グラフィックデザインについてデザイナーではない人(つまりクライアント、依頼者)が、いちばんわかりづらいのが紙です。ロゴ、デザイン、レイアウトは目に見えてわかるし、競合他社のそれも目にしています。ウェブや動画ももちろん見られます。プロダクトデザインも目に見て手に触れてわかります。しかし紙となるとグラフィ

もっとみる
嬉しいなぁ、本当にありがとうございます!

日本人がよく知らない「イタリック体」

火曜日なのでビジネスや人生に役立つデザインがテーマです。

言われてみればよく知らない「イタリック体」

Wordなどのアプリにも簡易的にイタリック体風にする「I」というボタンがありますが、わたしたち日本人は、文字を「急げ!」みたいなニュアンスで装飾するとき以外に、イタリック体または斜体にする機会がありません。英語を読む機会が多い方は、馴染みがありますが、そうではないとどこで使うのか、どう使われる

もっとみる
ありがとうございます!フォローしていただけると嬉しいです!

黄金比と白銀比が意味するモノ

火曜日なのでビジネスや人生に役立つデザインがテーマです。

黄金比とは

「黄金比」についてはデザインに関わらないかたでも耳にしたことがあるのではないでしょうか。英語だと「Gold (Golden) Ratio」と言います。わかりやすい比率でいうとこうなります。

1 :  1.618

式にするとこうなります。

この比率を使うとデザインや建築がしっくりくるなぁという比率です。小鯛ギリシャの建物

もっとみる
ものすごく嬉しいです。