shiba

Digital Archi Creation代表/一級建築士/BIM/CG/VR教員/建築専門学校での指導+lumionのRevitオンライン講習&udemy+企業講習の累計受講者1085名/ ただ今書籍執筆中。メタバースの空間の制作を始めました。

shiba

Digital Archi Creation代表/一級建築士/BIM/CG/VR教員/建築専門学校での指導+lumionのRevitオンライン講習&udemy+企業講習の累計受講者1085名/ ただ今書籍執筆中。メタバースの空間の制作を始めました。

    マガジン

    • VR

    • Lumionの使い方

    • お知らせ

    • BIMをはじめよう

    • Revitのスキルを磨こう!

    最近の記事

    clusterのワールド制作を始めました・2ミーティング&セミナースペース

    海がみえる位置にミーティング兼セミナーのスペースを作りました。小規模のセミナースペースです。ちゃんと座ってセミナーに参加できますヨ。 モニターも用意しました。zoomではなくメタバースの空間のほうでセミナーをできるようにシフトしていきたいです。 以上今日の途中経過でした( ^ω^)・・・

      • Twinmotion使い方 マテリアル編

        shibatamaです。『YoutubeにTwinmotion使い方 マテリアル編』をアップロードしています。 以前にブログの記事でも書いていますが、是非活用してください。 Twinmotionに収録されている以外の外部のマテリアルの貼り方についても説明をしています。 内容 ・マテリアルの貼り方 ・色の変更方法 ・目地の大きさの変更方法 ・目地の方向の変更方法 ・お気に入り追加の方法 ・ユーザー登録 ・オリジナルのマテリアルの保存方法 ・外部のマテリアルの使い方

        スキ
        2
        • clusterのワールド制作を始めました

          shibatamaです。clusterでワールドの制作を始めました。 建築の3DCGに関わってきましたが、これからはメタバースの空間の制作のほうをやっていきたいと思い勉強を始めました。 なかなか進まず、超スローペースですが、少しづつ前進しています。 途中段階ですが、画像をアップします。 「オフィスを出れば外は海」という空間を作ろうとしています。 せっかくの仮想空間なのだから気持ちのいいところで仕事ができ ればストレスも減るのではないでしょうか。 また作業が進んだらアップ

          スキ
          4
          • Lumionの使い方 その5 マテリアルについて

            shibatamaです。 建築ビジュアライゼーションソフトLumionの使い方についての解説をしています。 今回はLumion(Ver12)の使い方の4回目です。 前回はコンテンツライブラリについて順番に説明をしました。今回は【マテリアル】についてです。 1)マテリアルを貼りたいときは左から2番目のタブをクリックします。 2)マテリアルを貼りたい面を編集ウインドウ上でクリックします。 3)マテリアルライブラリが表示されます。 4)『様々な』をクリックすると芝、岩、土

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • VR
            shiba
          • Lumionの使い方
            shiba
          • お知らせ
            shiba
          • BIMをはじめよう
            shiba
          • Revitのスキルを磨こう!
            shiba
          • BIMときどき3DCG
            shiba

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            Lumionの使い方 その4 コンテンツライブラリ

            shibatamaです。建築ビジュアライゼーションソフトLumionの使い方についての解説をしています。 今回はLumion(Ver12)の使い方の4回目です。 前回は編集画面について解説をしました。 左下のアイコンですが、前回の記事はumion11のほうになっていまして、Lumion12は少し変わっています。 ↓ 今回は編集ウインドウを見ていきたいと思います。 編集ウインドウの左上のアイコンは【コンテンツライブラリ】です。 前回一番左端のインポートについて説明をし

            スキ
            1

            Lumionの使い方 その3 編集画面について

            建築レンダリングソフト Lumionの使い方について説明をしたいと思います。1回目では起動時の画面について説明をしました。 2回目では新規作成の方法とデータのインポートについて説明をしました。 今回は編集画面について解説していきます。 こちらが編集画面です。 ① レイヤ ②編集ウインドウ ③編集/カメラ/ムービーモード/その他のアイコン ④性能表示 では順番に解説していきます。 1.レイヤ Lumionにはレイヤがあります。何も指定をしなければ一番左側のL

            Lumionの使い方 その2 新規作成の方法

            建築レンダリングソフト Lumionの使い方について説明をしたいと思います。1回目では起動時の画面について説明をしました。 今回は新規作成の方法について説明をします。 1.起動時のホーム画面から『新規』を選択します。 2.新規のシーンの中から1つ選択します。ここでは左上のシーンを選択します。 3.新規のシーンが開きました。 4.モデリングデータをインポートします。 左下のコンテンツライブラリのインポートモデルをクリックします。 『新しいモデルをインポート』をクリック

            Lumionの使い方 その1 起動と終了

            建築レンダリングソフト Lumionの使い方について説明をしたいと思います。 Lumionとはどんなソフトか Lumionは設計者が簡単に自分のイメージをビジュアライズ化できるように作られたソフトです。操作方法は簡単でBIMなどのソフトとも互換性が良く使いやすいソフトです。CGの専門的な知識がなくてもフォトリアルなCGを作成することができます。 Lumionをマスターしてプレゼンテーションに使用してみませんか。 Lumionの起動と終了起動について Lumionを起動

            スキ
            1

            Twinmotion2022.2 新機能の紹介その3  アセットが追加されました

             Twinmotion2022.2 の新機能について、その1ではバックドロップHDRIについて、その2ではSketch fabの追加についてご紹介しました。 今回、アセットもかなり追加されていますので一部ご紹介をしたいと思います。 1.人物 人物の『ポーズを取った人』はシーン別に収録されています。 ショッピングを選択してみます。数もかなりありますね。一人のものは女性、男性、男女二人、動作も様々です。 子供は大人と一緒のものもあり、年齢も幅広く揃っています。 2.電化

            Twinmotion2022.2 新機能の紹介その2 ライブラリにSketch fabが追加されました

            Twinmotion2022.2 の新機能について、その1ではバックドロップHDRIについてご紹介しました。  今回はその2としてライブラリに『Sketch fab』が追加されましたので紹介をしていきたいと思います。 1)ライブラリを開くと『Sketch fab』が追加されています。 2)さらにこのように18のカテゴリに分かれています。少し見てみましょう。 3)Architectureを選択してみます。 4)Postwar City を選択してみました。 『著作者

            Twinmotion2022.2 新機能の紹介その1 バックドロップHDRI

            shibaです。 Twinmotion2022.2がリリースされました。 新機能やアセットが増えたり嬉しい内容となっています。 こちらからバックドロップHDRIについてご紹介させて頂いています。 以前はskydomeでさまざまな空に変える機能がありましたが「室内」「屋外」「スタジオ」というカテゴリが追加されています。ご興味のある方は御覧ください。 まだバージョンアップしないでそのままお使いの方はバージョンアップしてくださいね。 Twinmotionのことを勉強してみたい方

            Twinmotion2022の使い方その2は背景の変更、場所・時間の設定、SKYDOMEの使い方

            shibaです。noteの記事の中で一番良く読んで頂いているTwinmotionの使い方を動画にしました。 今回は 1.背景の変更 2.都市の取得 3.場所と時間の設定 4.SKYDOMEの使い方 背景の変更方法はブログの記事の中でもTOPに入るくらい良く読まれている記事です。 今回は設定関係の内容になっています。是非活用してください。

            Twinmotion2022の使い方の動画を作成しました

             shibaです。noteの記事の中で一番良く読んで頂いているTwinmotionの使い方を動画にしました。 今回は基本操作編として 1.起動と終了 2.言語を日本語に変更する 3.インターフェイス 4.画面操作 5.オブジェクトの移動と回転 迄を7分程度で解説しています。 「これからはじめる人」の為の初心者向けです。是非参考にしてください

            スキ
            1

            バーチャル美術館はメタバースで

            バーチャル美術館の建設がなかなか進んでいなかったのですが、メタバース空間に建てるとこにしました。 続きはこちらからどうぞ↓

            スキ
            2

            BIMを学ぶのに必要な知識と学び方について

             noteの記事を久しく書いていませんが、 『BIMを学ぶのに必要な知識と学び方について解説』というタイトルで、『Tech Trends』様のサイトのほうに記事を書かせて頂きました。 コツコツとSNSで発信をしてきたお陰で、最近は毎日記事を書いたりはしていないのですが、noteやwordpressを見て、依頼を頂くようになりました。 『千里の道も一歩から』ですね^_^

            Twinmotion2022 使い方/人物をシルエットにすることはできないのでしょうか?

             shibatamaです。 初心者の方から「人物をシルエットにすることはできないのでしょうか?」という質問がありましたので1つの方法を解説しました。参考にして下さい。 ↓ 動画を作成しました。↓「これからはじめる人」の為の初心者向けです。是非参考にしてください♪

            スキ
            1