中道改革野党の存在意義
見出し画像

中道改革野党の存在意義

柴アレックス総一郎

絶対的な権力「万年与党」と、批判しかしない「万年野党」は、いずれ絶対的に腐敗します。

「外交安全保障リアリスト」、「社会経済リベラル」、そして「護憲イデオロギーから脱皮した改憲議論」が政策の軸である新「国民民主党」。

少数政党になってしまいましたが、僕はこのネットニュースで報道された玉木代表と山尾議員のアクションに好感を持ちます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
柴アレックス総一郎
外交安全保障リアリスト+社会経済リベラリストの現役商社マンです。国際政治学と近現代史(世界史と日本史の融合)が好きで学んでます。1920〜1930年代前後の戦間期の危機の20年間と、2010年以降の現代との類似性に注目しています。 青山学院大学院国際政治学研究所卒