Junya Kawakami | Shells.inc

Junya Kawakami | Shells.inc

最近の記事

【登壇レポート】The JSSA TOKYO Pitch Awardで登壇しました

5/14(火)に開催された日本スタートアップ支援協会主催の『The JSSA TOKYO Pitch Award』で登壇させていただきました! スタートアップ企業はもちろんのこと、事業会社様やVCの方など、さまざまな方が会場にいらっしゃり、お話しさせていただきました。 現状、弊社は一度も資金調達していない状況で、ピッチに出る事も初めてだったこともあり、初対面の方に我々のサービスがどう映るのか、ワクワク・ドキドキしながらの参加となりました。 結果としては、有難いことVC

    • バリュー浸透・重要アクション収集サービス「Plug」導入事例のご紹介

      はじめにPlugを3月中旬にβリリースしてから、バリュー・パーパスを大切に組織作りに取り組んでいらっしゃる企業様から複数お声がけいただき、実際に運用いただく中で嬉しいフィードバックをいくつも頂戴しております。 今回は、Plug運用中の企業様からいただいた導入の効果について、一部をご紹介いたします。 Plugがどのようなサービスかはこちらの記事をご覧ください。 Plug導入による効果メンバーのバリュー軸の動きが鮮度高く把握できるように 報告されやすいバリュー・されにくい

      • バリュー浸透・重要アクション収集サービス「Plug」 βリリース!

        前書きPlugはバリューの浸透・体現する重要アクションの収集・データの見える化に特化したサービスです。 後ほどPlugの機能をご紹介させていただきますが、その前に本サービスの土台となっている考え方(MVVを策定し運用する組織が直面する課題や、MVVの本質についてなど)をご理解いただきたく、ご一読いただければ幸いです。 MVVを掲げる理由とその本質ビジョン・ミッション・バリュー(MVV)を掲げている組織は数多くありますが、なぜそれらを策定したのでしょうか? ミッション・・

        • エンジニア評価制度をゼロから作り直して運用した話

          1. はじめに過去に、上場を目指す過程にあった組織規模200名弱のスタートアップで、エンジニア組織の評価制度を0から作り直して運用した話を共有しようと思います。 どんな組織でもある程度の規模になると、エンジニアに限らず評価制度の見直しが必要になるのではないかと感じております。 実際にやってみて良かった点、うまくいかなかった点があるので参考になれば幸いです。 2. 改革のきっかけきっかけはいくつかあったのですが、私がCTOになった当時、明確な評価基準が存在しておらず、評

        【登壇レポート】The JSSA TOKYO Pitch Awardで登壇しました

          チームの健康状態を保ち、生産性を向上させるには

          はじめに最近、色々な会社の方から「チームビルド」に関する悩みを相談される機会がありました。 私自身、現在は小さな会社を立ち上げていますが、CTOとして組織改革したり、PMとして数十人のチームをマネジメントしてきた中で、なぜこの問題がどの会社でも発生してしまうのか?また、どうしたらそれを回避できるのか、自身の経験から思っていることを書こうと思います。 少し長いので、お時間ない方は「まとめ」部分をご覧ください📝 チームの健康状態を保つために重要なことチームの生産性が低い気

          チームの健康状態を保ち、生産性を向上させるには

          【代表ブログ】4年目を迎えるにあたって

          ※旧公式ブログより2022/10の記事を転載したものです 自分らしく、好きなことをしよう 全員が自分らしく、自由でいられる場所を作りたくて会社を立ち上げてから早くも3年が経過し、無事に4年目を迎える事ができました🎉 起業してからの3年間、これまで様々なスタートアップの支援をさせていただきつつ、自社サービスの開発を並行して行なってきました。 自社サービス開発では、「愛犬をもっと好きになろう」をコンセプトに簡単にかわいい愛犬グッズが作れる「Mofuly(モフリー)」を開発

          【代表ブログ】4年目を迎えるにあたって