見出し画像

カオスの国インドのハイデラバードと言う都市で経験した全てを共有します。

どうも。

いきなりですが皆さんはインドに興味はありますか?

カオスな国であるとか、カレーの国であるとか、ITの国であるとか…色々なイメージがあると思う。

そんなインドのハイデラバードと言う都市に自分は半年滞在していた。

そこで本当に色々なことを感じたのでインドに興味のある方、また僕自身に興味のある方の為にこの記事を書こうと思う。

ただ、なぜnoteを利用してインド(ハイデラバード )滞在記をまとめようと思ったのか?

それはインドにおいて仕事で長期滞在する日本人はあまり多くないと個人的に思ったのと、
ハイデラバードという道の都市にいた数少ない日本人なのでこちらの数少ない情報を共有すべきだと感じたからである。

なので、「インド国の内部(IT情報も含めて)」および「ハイデラバードという地域の情報」などを中心にこの記事を読んでくださる日本の方向けに色々な情報を共有しようと思う。

あとはやっぱり最後に色々あった自分の半年間の滞在の感想を合わせて書こうと思う。

…見てくれる人いるかな?

目次


1、軽い自己紹介
2、インドのITについて
3、一般的なインド人について 
4、ハイデラバードという都市について
5、インドの流行っているサービスや習慣など』について
6、インドに半年いた感想

==================================


1、軽い自己紹介

兵庫県生まれ、東京の大学に通っていた大学生。
大学4年の在学中に紹介で出会ったインド人経営者と意気投合し、インドでの就職を決意。
ただし、インドでのメイン活動は自分のアプリサービスおよびwebサービスの開発+リリース(インドマーケット&日本マーケット)と決めていた。

職務内容としては主にPMに近いプロジェクト管理、翻訳業務、デザイン業務(UI/UX)などなど。(業務は全て英語)
ただ、メインのアプリ+webサービスに関しては70%くらいまで開発は完了していた矢先、訳あって半年で帰国することになる。

ざっくりと自己紹介をしてみたが、
後先をあまり考えずに面白いことをしよう、面白い場所に行こうという軸をメインにこれまで生きてきており、結果的にインドにたどり着いた日本人と捉えてもらうとわかりやすいと思う。


では、自己紹介はこの辺にして……

興味がある人は興味のあるカオスなイメージがある謎の国インドについて紹介して行く!

画像1

ハイデラバード有名な観光地 Charminar

==================================

まずは

2、インドのITについて

みなさんが良く思いつくインドのITのイメージとして、

・爆速に成長しているIT大国の一つ。

・インド工科大学(IIIT)の卒業生などの内定場所がMicrosoft、Amazon、Oracle、Facebookなど有名どころの外資企業ばかり。

・初任給も1000万〜4000万円を超えるようなことがざらにある。

・とにかくインド人は優秀な人しかいない。

・スタートアップ多い。

というざっくりとした情報も一度は聞いたことがあるかもしれない。

それに加えてインド人は数学にも強いしスペックが高いとというイメージを持たれる方も一定数いると思う。
僕自身、インドに行く前はこのようなイメージを持っていた。

画像2

ただ、結論としてはこれは80%くらい合っているのではと感じた。

インド人全員が優秀であることではもちろんなく(世界中どこでもそうなのだが)、また、インドは過酷な学歴社会と格差社会のため、パソコンも買えない人もいるし、大学も行けないし、英語やその他一般的な教育を受けることができない人も山ほどいる。

そのような方は食べ物を屋台で売ったり、飲み物売ったり、ドライバーをしたりなどして生計を立てている場合が多いので、IT関連で生計を立てているインド人の母体数は日本の人口と比べて圧倒的に多いが、それ以外の層(IT関係ではない職に就いている層)のインド人が同様にいることも当然である。

なので、ニュース記事や動画で共有されているインドのITの情報は大まかなイメージと話題性を中心としたニュースをピックアップしているように実際は感じた。

ただ、全体的なイメージでいうと人材は優秀な人はめちゃくちゃ優秀。

一定の上位層(ITスキル+頭の良さ+学歴に関して)のインド人が日本の上位層より大多数いる反面、そうでないインド人の方は学歴もあまりなく、英語も喋れない方も同様に大多数いるという縮図で、インド国内でも上位層と下位層には大きなギャップがあり、ITスキルや学歴に関しての中間層が日本と比べてより少ないと感じた。

日本は平均的に一定水準の学歴、スキルを持っていながら、それより飛び抜けた上の層もいなければ、それ以下の層もあまりいないというイメージを個人的には持っている。

ただ、インドは逆のように感じた。そこがインドと日本の違いかなと感じた。

また、80%くらいあっている理由についてはまだもちろん下記で詳しく説明する。

この続きをみるには

この続き: 19,602文字 / 画像21枚

カオスの国インドのハイデラバードと言う都市で経験した全てを共有します。

Thinking Man

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

50
都内でSaas企業に勤めている社会人。日々の思考と勉強になったことなどを基本的にアウトプットのためにnoteに投稿予定です。目標は記事でバズることです。ただひたすらに「考える人」になる修行中です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。