見出し画像

路上で生きるのはもう限界。立ちんぼ女性が売春を上がるとき、その現実&賢い卒業の仕方は?

仙頭正教

 前回、歌舞伎町の名物女性ホームレスの窮状を書かせてもらいました。路頭に迷った39才の”ヤマンバギャル”のねーさんが、どうにかして誰かに助けてもらおうと、ここ数日、町内の立ちんぼスポットである『ハイジア』で、”ミニスカノーパンでのM字開脚”という無茶苦茶なヘルプアピールをしているんです。見てられないって、どなたか助けてやって! という意味を込め、記事にさせてもらいました。

 ただ、その記事を読み返し、漠然と思うことがありました。

 こんなことを言うと元も子もないんですが、現実、彼女が路上を卒業するのってなかなか難しいんじゃないかと。

 世の中はそんな甘くない。足長おじさんなんてのはそうそう現れるもんじゃない。

 頼れる先は現実的なところ、役所の福祉課、つまり生活保護くらいしかないんでしょう。が、生活保護は、生活に何かと制限がかかります。一番のネックはやはり、生活保護の受給額だけでやりくりしなくちゃいけないってことでしょう(※仕事をしてもいいんだけど、役所への申告が必要で、稼いだ給料分は、生活保護の受給額からさっ引かれる)。

 受給額は、例えば、新宿区で単身だと月13、14万です。

 んんー、どうでしょうか。

 ハイジアの女性陣を見渡せば、いったん生活保護になって路上から卒業したものの、受給額だけではやっていけず、売春を再開する人間が珍しくありません。で、だいたい以下の流れ。

①やった、生活保護の申請が通った!
②一人暮らしOKなんだ。でも、生活費が足りないな。
③とりあえず、立ちんぼでもやるか。
④あちゃー、売春で捕まっちゃったよ。
⑤生活保護がダメになっちゃった。ちくしょー、もう1回申請しよう。
⑥おっ、申請通ったぞ。でも役所からの信頼失って、今回は一人暮らしダメになっちゃった。
⑦寮(グループホーム)に入れられちゃったよ。ダルいんだけど。しかも、生活保護費から寮費をめっちゃ取られるんだけど。
⑧あー、生活保護、めんどくなってきたわ。

 果たして、路上へカムバックです。これが現実です。

 じゃあ、立ちんぼ女性たちは、どうやったら完全に路上から卒業できるんでしょうか?

 わたしが知る元ハイジア嬢の一人に、

生活保護を受けつつ、役所にバレずに働くことができてかつ、オンナを売らなくてもいい職場を見つけ、路上を卒業した方>

 がいます。

 メグさん(仮名・50代)。

 ”役所にバレずに”ってことに対する是非はともかく、ある意味、理想的だなぁという印象です。

 ヤマンバギャルさんが、これから何とか浮上するには、メグさんをマネるってのはアリな気がします。

 ってことで本日は、メグさんのことを紹介しつつ、わたしなりに、ハイジア嬢の路上からの卒業の仕方への、一つの答えを提示します。

この続きをみるには

この続き: 1,736文字 / 画像2枚
記事を購入する

路上で生きるのはもう限界。立ちんぼ女性が売春を上がるとき、その現実&賢い卒業の仕方は?

仙頭正教

139円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!