『養生大意抄』- 江戸の養生書を読む 02

16

食養生的には美味しいものとどう付き合うべきか? - 養生大意抄01

はじめに:『養生大意抄』について 多紀元悳(1732~1801)著の養生書で、全2巻。内容は医家向けではなく一般向けで、心、飲食、起居動作、性、鍼灸薬餌などの養生の要点がまとめられている。著者の多紀元悳(もとのり)は官立の医学校である江戸医学館の初代館長で、将軍家斉の侍医であった。 『養生…

魚の食べ方 - 養生大意抄02

今回は魚について。食養生的に魚は常食してよいものなのか。刺身は身体を冷やすというのは本当か。どのような食べ方をすればよいかなど。 【原文】 魚肉は米穀等とひとしく脾胃を養う物なり。少々ずつまじえ食すれば大に胃の気を養う。然れども其質よく脾胃に滞り易し。且原(もと)水中に生じたる物…

鶏肉の本草学的効果 - 養生大意抄03

鶏肉も滋養作用が強い食材で、食べ過ぎは禁物とのこと。体によい食材を食べるときほど、過食には気をつけないといけない。 【原文】 鳥の肉にも性よろしき品あり。然れども皆消化がたし。此故におほく食すべからず。性よからぬ品殊に多し。其物の性の善惡と肉の堅(かたき)脆(やわらか)とを考へ性…

疲れている時や、なんとなく調子が悪い時の食べ方 - 養生大意抄04

今回は食事の取り方と、食後にするとよいことについて。 1.忙しくせわしい心のまま食事をすると、身の養いにならない 【原文】 食は細(こまか)に嚼(かみ)緩(しつか)に咽(のむ)を法とす。細にかめば化(こなれ)やすく緩(しづか)に咽(のめ)ば滞らず。よく食物胃府(いのふ)に落着て気…

胃腸炎後の食事の取り方 - 『養生大意抄』05

冬場に多い胃腸炎後の食事の取り方について、江戸後期の『養生大意抄』からご紹介。江戸の本草書に記載される、胃腸炎後におすすめのレシピもあり。 1.胃腸炎後の食事の取り方 【原文】 若(もし)食傷吐瀉(はきくだし)せし事ありし後、早く粒食(つぶのめし)を食すべからず。飢極りて米飯(おも…

半酔の人は長寿なり - 養生大意抄06

1.食後に暖かいお酒を少し飲む 【原文】 ○酒は百薬の長と古人いへり。少しく飲ば陽気を助(たすけ)、血気をやすらげ、食気をめぐらして大に益あり。多飲(のめ)ば血脈を乱し腸胃を傷(やぶ)りて大に人を損す。必多く飲べからず。人の性にて節(ほど)あり。其節を考えてほろほろ酔を度として其う…

偏って同じ味のものばかり食べた時の害 - 養生大意抄07

1.偏って同じ味のものばかり食べた時の害 【原文】 ○五味偏勝(かたよる)とは、五味の内にて唯(ただ)一味を常に多く食すれば、其一味の気偏にかつをいふ。假令(たとえば)甘物をつづけて多食すれば、中焦(ちゅうしょう)の気滞りて痞(つかえ)満(はり)腹痛等の病を発す。辛物をつづけて多く…

養生は我が心にあり - 養生大意抄08

1.養生の基本は心にあり 【原文】 ○養生というときは殊々しく聞ゆれども、左にあらず。惟(ただ)今日立居食男女の上に就て、少く心を用ゆる迄の事にして、事はおこなひ易く益は甚多し。 然(しか)れは我心にありて他にあらず。素問(そもん)と云(いう)古き医書に、心は君主の官といえり。其他の蔵府四…

慢性的な自己解決できない悩みから身を守る方法 - 養生大意抄09

1.暇、ひま、ヒマ 【原文】 ○凡(およそ)徒(いたづら)にうっかりとして日を曠(むな)しく暮すことを深く戒(いましむ)べし。徒にうかうかとして暮せば気たるみ、精神抜て筋脈ゆるみ其うえに心に主(あるじ)なき故、種々の妄念慾心(よくしん)萌(きざし)動(うごき)て果(はて)は病を生ずるに…

所要時間5分「心を静める」忙しさや緊張でのぼせた時のツボ刺激法 - 養生大意抄10

1.心は静かにしてやわらかに 【原文】 心は静(しずか)にして和(やわら)かに躁(さわ)がしからざるを養生の一大要務とす。 如何となれば凡人の耳目口鼻の七竅皆上に在ゆへ見聞言語飲食に就て身内の諸気尽(ことごと)く上部へ引あぐることのみなり。 然るに心あらあら忙(せは)しければや神気…