暑い夏はリネンやコットンで編んだキャミソールがおすすめです。

画像1 「ニットはウールで編んだもの」と思っている人もいるようですが、ニットは編んだもののことを指します。編む素材は何でも良いです。コットンやリネンは暑い季節におすすめ。冬は保温性の高いウールやシルクは重宝します。化学繊維も手入れのし易さ、軽さ、テクスチャーの付与に効果がある場合があります。天然繊維のみを好む人もいますが、化学繊維との混合もいいと思います。
画像2 編み方や素材を工夫すれば、暑い時期でもニット製品が楽しめますね。

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

投げ銭は編み物活動の費用にさせて頂きます (^O^)

嬉しいです!ありがとうございます!
3
ニットブランドseesawの作家、小泉智子の編み物のこととか。 HP▶︎ https://www.seesaw.tokyo/ 、 インスタグラム▶︎ https://www.instagram.com/seesaw.tokyo/

こちらでもピックアップされています

seesawの編み物
seesawの編み物
  • 21本

編み物に関するノウハウ、アイディアなど

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。