終わりは、はじまり

笠置での生活が終わった。

最後の電車に揺られこの文章を書いている。たった1年と少しの出来事だったが、僕にとっては本当に意味のある、そしてなにより掛け替えのない時間を過ごすことができた期間だった。

東京から笠置町へ移住することを決めて、いつまでもどこまでも夢を見ていた時期は過ぎ、いつからか"この町に住んでいる"ことが日常になった。たくさんの出会いがあり、たくさんのひとのお世話になった。たくさんのひとに迷惑をかけ、たくさんのひとに救われた。

終わって見えるものは、次のレール。愛を与えてくれたひとたちに少しでも愛を返していけたら、僕の人生に少しでも意味が生まれる。

残したい大切なものをカタチにできるかどうかはこれからの僕の生き方次第だ。

人生という旅はまだはじまったばかりだ。

僕にとって、はじめての故郷。
「ただいま」と言えるように、真っ直ぐ前を見て生きていきたい。

I love you all, and I love you.

シバタタツヤ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
最後まで読んでくれて、ありがとうございます!
15
職業は人間。 写真と言葉を通じて、大切な想いを共有していきたい。 https://www.sbttty.com

こちらでもピックアップされています

[1 to 1]- hito to hito -
[1 to 1]- hito to hito -
  • 17本

日本で二番目に人口が少ない町、京都・笠置町。 いまを生きる子どもたちが大人になったとき。 この町に生まれたことを。 この町で生きていることを。 心から誇りに思えたら。 いまより少しだけ素敵な未来がやってくるんじゃないか。 そんな思いを繋いでいきたい。 写真と言葉で紡いでいきたい。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。