見出し画像

ペアリングの楽しみ方

おはようございます☀

朝から大好きなワインのお話し、ペアリングの楽しみ方を綴ります。

北海道はもうすぐ収穫の秋、今年もあっという間にこのシーズン、早いですね〜〜とはいえワインのつくり手たちはいかに良きブドウを育てるか、コロナ禍においても淡々とやるべきことを試行錯誤しながらブドウと自然と向き合う日々。自然から離れて生活し行動をしている私たちには想像し得ない動植物との共存シーンが垣間見えます。ウィルスと戦うのではなく共存の意識、大切なことと改めて実感しますね。

ワインとお料理との組み合わせを表現する【ペアリング】という言葉はここ数年で定着してきました。先日友人からマリアージュとの違いを訊ねられ、なるほど、と私なりに分析してみました。マリアージュは、今では少々古い表現というイメージもあるようです。

画像1

画像2

【ペアリング】とは、ワインと食事の組み合わせです。ワイン、お料理、それぞれの個性を組み合わせて味わい楽しみます。なのでその味わい方や感じ方は十人十色。自宅では自分のメニューに合わせてペアリングをイメージしながら楽しんでいます。レストランなどで外食をする時には例えば、ソムリエにお料理におすすめのペアリングを教えてもらい、新しい組み合わせの妙を発見するのも楽しそうですね。

では「マリアージュ」ってなあに?と思う方。マリアージュは仏語で「結婚」を意味します。ワインとお料理が組み合わさると絶妙なハーモニーが生まれます。その組み合わせから生まれるハーモニー、つまり相性がマリアージュです。

おすすめの組み合わせがあり、そこからハーモニーが生まれる。

ペアリングを実践しながら自分好みのマリアージュとなる相性を見つけてみてはいかがでしょうか。

お料理とワイン、食べ合わせの妙を考える時間は本当に楽し〜〜〜い至福のひとときです🍷🍇🍾

画像3

画像4

画像5


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます🍷
11
【ワインがまちを創る☆】 北海道のワインと食をコーディネートするプランナー。ワイナリーを取材しながら生産現場へ足を運び、日本ワインを愛飲する日々。著者に『北海道のワインを旅する』新刊『北海道のワイナリー つくり手たちを訪ねて』(いずれも北海道新聞社)J.S.A.ワインエキスパート