sanmari

❇︎音の世界と音のない世界の狭間に住んでいます。(右130↑左65)/手話と日本語のバイリンガル❇︎旅と写真と文章と❇︎書くことと読むことがすき。すきを生活に。なんでもない日常の、でも、誰かにとって特別なものたち。
    • 2021 七十二侯の徒然
      2021 七十二侯の徒然
      • 4本

      七十二侯に合わせて、季節の移り変わりのなかで感じたことを綴っていきます。

    • ✏️「スキ」であふれているマガジン✏️
      ✏️「スキ」であふれているマガジン✏️
      • 68本

      心に残ったことば・しゃしん。 もう一度読み返したいものたち。

    • ❇︎sanmariのひとりごと❇︎
      ❇︎sanmariのひとりごと❇︎
      • 170本

      なんでもない日常の、でも、だれかにとって、ちょっと、特別なものたち。

    • 音の世界と音のない世界の狭間で
      音の世界と音のない世界の狭間で
      • 18本

      聴覚障害のこと。わたしのきこえのことを、つらつらと。

    • たびしゃぶ交換日記
      たびしゃぶ交換日記
      • 35本

      "旅と写真と文章と"のメンバーで、日常の気になることやみんなに聞きたいことをゆるりと綴っていく、たびしゃぶの交換日記。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

一人の夢では叶わないが、みんなの夢になれば実現する。

「わからないこと」が 当たり前だった。 高校2年生の時、担当の先生が変わったその日から数学の授業についていけなくなった。今思えば、彼が黒板に向かって喋り続けてい…

2021.0402 雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)

あなたがいらっしゃる日は、本当にいつも雨が降るのね。 ここ最近、お茶のお稽古に行くたびに先生からこう言われているような気がする。 この27年間、遠足も修学旅行も海…

2021.0325 桜始開(さくらはじめてひらく)

年度末に向けてのドタバタをひと山越えて、次のバタバタまでほんのちょぴっと気持ちに余裕ができたある日の昼下がり。 「ねぇ、会おうよ」なんてお誘いをいただいたもんだ…

2021.0320 春分の日-雀始巣(すずめはじめてすくう)-

今日は、春分の日。 太陽が真東から登り、真西に沈む日。 1年に2回やってくる昼と夜の長さがほとんど同じになるそんな今日は、くもり空。そういえば前回の秋分の日は雨…

2021.0315 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

「お元気ですか。お稽古は、3月から再開しようと思います。お待ちしておりますね」 秋からお茶に加えて着付けのお稽古も重ねて、初級の許状の申請もしたというのに、年始…

春一番が吹いた日

春は、確実にわたしたちのすぐそばまでやってきている。そう実感したのは、ほんの数日前のこと。 時刻は、16:30。 「今日は、タイミングよく日の入りが見られそうだね」 …