samu.t

50代半ばの、ロックとアートと娘たちを愛する、マーケティング会社代表。 美大▶デザイナー▶マーケッター▶事業責任者▶リストラ▶再就職を経て独立。 主に音楽と日常について書きます。 「それって本当?」と考えるクセがありますが、別に虚構が悪いと思っているわけではありません。
  • 訳あって手放すことにしたお気に入りのロック系CDを、最後に聴きながらコメントを残しています。
    1フォロワー
  • 企画・マーケティングに関する仕事ネタと、疲れた時の逃避ネタです。 ガス抜きも兼ねているので、正しいことばかりが書かれてい

涙のROCK断捨離 91.R.E.M._「NEW ADVENTURES IN HI-FI」

R.E.M.「ニュー・アドベンチャーズ・イン・ハイ・ファイ」/R.E.M.「NEW ADVENTURES IN HI-FI」 1996年 私にとって、R.EM.は、このアルバムです。 一般的には、このアル…

涙のROCK断捨離 90.R.E.M._「MONSTER」

R.E.M.「モンスター」/R.E.M.「MONSTER」 1994年 前作とはうって変わってエレキギターをフューチャーした9枚目です。 エレキギターが大活躍するロック寄りのアルバムと…

涙のROCK断捨離 89.R.E.M._「AUTOMATIC FOR THE PEOPLE」

R.E.M.「オートマティック・フォー・ザ・ピープル」/R.E.M.「AUTOMATIC FOR THE PEOPLE」 1992年 こういうバンドが、正当に評価されているのは嬉しいことだと思います。 …

トラブル対応

企業でマネージメントをしていると、どんなに気を付けていても、トラブルが起こることはあります。 そんな時、 現場が適切に処理したので終わったことだとか、 あの時点で…

涙のROCK断捨離 88.NO_USE_FOR_A_NAME「ALL THE bEST SONgS」

ノー・ユース・フォー・ア・ネーム「オール・ザ・べスト・ソンぐス」/NO USE FOR A NAME「ALL THE bEST SONgS」 この前に THE HEAVY のコメントで「なぜか日本で売れな…

涙のROCK断捨離 87.THE_HEAVY「THE GLORIOUS DEAD.」

ザ・ヘヴィー「ザ・グロリアスデッド。」/THE HEAVY「THE GLORIOUS DEAD.」 2012年 日本のリスナーがTHE HEAVYに注目したのは、小栗旬さんが桃太郎を演じたペプシ・コー…