斎藤吉久
《再掲》「米と粟の祭り」──多様なる国民を統合する新嘗祭
見出し画像

《再掲》「米と粟の祭り」──多様なる国民を統合する新嘗祭

斎藤吉久



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
《再掲》「米と粟の祭り」──多様なる国民を統合する新嘗祭
(令和3年11月23日、勤労感謝の日)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



本日夕刻から、陛下は宮中の奥深い神域・神嘉殿で、皇祖神ほか天神地祇を祀り、新穀を供し、みずから食される新嘗祭を親祭されます。陛下がなさる新嘗祭とはいかなる祭りなのか、以下、斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」メールマガジン(2007年11月20日号)から転載・再掲します。



▽1 見落とされている粟の存在

毎年11月23日の夜に宮中で行なわれる新嘗祭、あるいは天皇が天皇となって初めて行なう大嘗祭という神事で、天皇がみずから神々にささげ、そのあとご自身で召し上がるのは、一般には米の新穀といわれています。しかし、じつはそうではなく、米と粟の二種類の穀物の新穀であり、米だけではありません。


にもかかわらず、大嘗祭も新嘗祭も一般には「稲の祭り」といわれ、大嘗祭に用いる米を納めるために選ばれる農家は「大田主」と呼ばれ、重んじられるのに、粟を納める農家は「大田主」とは呼ばれません。実際の神事において、どちらが重要というわけではないようですが、粟の存在はしばしば見落とされています。


研究者も稲にばかり注目し、なぜ米といっしょに粟が捧げられるのか、ほとんど研究らしいものが見当たりませんが、奈良・平安のころ、民間には粟の新穀を神々に捧げる祭りが行なわれていたのは事実のようです。古い書物にそのような記録があるからです。



▽2 かつては粟の新嘗があった?

各地方の情報を集めた書物を地誌といい、日本最初の地誌として奈良時代に元明天皇の命でまとめられた風土記が知られています。その中で現在の茨城県について伝えている「常陸国風土記」に、母神が子供の神々を訪ね歩く筑波郡の物語が載っていて、「新粟の新嘗」「新粟嘗」という言葉が登場します。


日が暮れたので富士山の神さまに宿を請うと、「新嘗のため、家中が物忌みをしているので、ご勘弁ください」と断られたのに対し、筑波山の神さまは「今宵は新嘗だが、お断りもできまい」と大神を招き入れた、というのです。


ここから、このころの新嘗祭は村をあげて心身をきよめ、女性や子供は屋内にこもって、神々との交流を待ち、ふだんならもてなす客人を家中に入れることさえはばかったことが分かります。


それなら文中に出てくる「新粟の新嘗」「新粟嘗」とは何でしょう。たとえば「日本古典文学大系」では、この「粟」に「脱穀しない稲実」と注釈が加えられていますが、どう見ても疑問です。


「粟」はあくまで「粟」であって、ある民間の研究者が解説するように「宮中祭祀としての新嘗祭は、民間の素朴な新嘗が母体になっていると考え、宮中新嘗祭における粟は、その残影として理解することは無理であろうか」という問いかけの方が素直な理解ではないでしょうか。



▽3 祭りの霊力で国民をまとめてきた天皇

それでは、なぜ米と粟をささげるのでしょう。


民俗学の第一人者、近畿大学の野本寛一教授は、筆者の取材にこう答えています。


「天神地祇に米と粟をささげる新嘗祭、大嘗祭の儀礼は、米の民である稲作民と粟の民である畑作民をひとつに統合する象徴的儀礼として理解できるのではないか」


野本教授は『焼畑民俗文化論』で、水田稲作以前の民が粟や芋を栽培していたこと、この畑作文化は民俗学の先駆者である柳田国男が提唱した、東南アジア島嶼地域に連なる「海上の道」をたどって伝来したこと、を説明しています。


天皇にとってもっとも重要な神事である新嘗祭、大嘗祭は、「稲の祭り」だけではなく、稲作儀礼と畑作儀礼という淵源の異なるふたつの儀礼の複合と理解されます。


天皇は政治力でも、軍事力でもなくて、祭りを通じて、祭りの持つ霊的な力によって、文化的に多様な国と民をひとつにまとめることを務めとされてきた、ということが浮かび上がってきませんか。



参考文献=『風土記』(日本古典文学大系2、岩波書店、昭和33年)、落合偉洲「新嘗祭と粟」(「神道及び神道史」国学院大学神道史会、昭和50年7月所収)、野本寛一『焼畑民俗文化論』(雄山閣出版、1984年)など



【関連記事】新嘗祭の起源は宮中なのか?──神道人にこそ知ってほしいこと〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-11-07〉

【関連記事】台湾先住民の「粟の祭祀」調査。男系派こそ学びたい戦前の日本人の探究心〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2021-03-23〉

【関連記事】陛下のお稲刈りに思う。天皇の祭祀は神勅に基づくとする通説への疑問〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2020-09-20〉

【関連記事】伊勢雅臣さん、大嘗祭は水田稲作の農耕儀礼ですか?──国際派日本人養成講座の大嘗祭論に異議あり〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2019-11-24〉

【関連記事】大嘗祭は、何を、どのように、なぜ祀るのか──岡田荘司「稲と粟の祭り」論を批判する〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2019-11-10〉

【関連記事】悠紀殿の神饌御親供は「神秘」にして語られず──荷田在満『大嘗会便蒙』を読む 12〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2019-10-17〉

【関連記事】やっと巡り合えた粟の酒──稲作文化とは異なる日本人の美意識〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2019-09-23〉

【関連記事】天皇はなぜ「米と粟」を捧げるのか?──涙骨賞落選論文「天皇とは何だったのか」4〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2019-07-21〉

【関連記事】神嘉殿新嘗祭の神饌は「米と粟」──涙骨賞落選論文「天皇とは何だったのか」3〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2019-07-14〉

【関連記事】やっと巡り会えた粟の神事──滋賀・日吉大社「山王祭」の神饌「粟津御供」〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2019-06-20〉

【関連記事】岡田先生、粟は貧しい作物なんですか?──神道学は時代のニーズに追いついていない〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2019-02-17〉

【関連記事】稲と粟による複合儀礼──両論併記にとどまる百地先生の「大嘗祭」論 4〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2017-09-05〉

【関連記事】《再掲》大嘗祭は「稲作中心」社会の収穫儀礼か?──検証・平成の御代替わり 第7回〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2017-04-19〉

【関連記事】「米と粟の祭り」を学問的に深めてほしい──竹田恒泰氏の共著『皇統保守』を読む その5〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2016-05-03〉

【関連記事】なぜ粟の存在を無視するのか──竹田恒泰氏の共著『皇統保守』を読む その4〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2016-05-02〉

【関連記事】宮中新嘗祭は稲の儀礼ではない──誤解されている天皇の祭り〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2013-11-24〉

【関連記事】大嘗祭は米と粟の複合儀礼──あらためて研究資料を読み直す〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/2011-12-18〉

【関連記事】精粟はかく献上された──大嘗祭「米と粟の祭り」の舞台裏〈https://saitoyoshihisa.blog.ss-blog.jp/1995-12-11-1〉

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
斎藤吉久
昭和31年、崇峻天皇の后・小手姫が養蚕と機織りを教えたと伝えられる福島県・小手郷に生まれる。弘前大学、学習院大学を卒業後、雑誌編集記者、宗教紙編集長代行などを経て、現在フリー。著書に『天皇の祭りはなぜ簡略化されたか』など。「戦後唯一の神道思想家」葦津珍彦の「没後の門人」といわれる