【ご意見募集】どうすれば特養の需給のミスマッチを解消できるか

高齢者の増加に伴って特別養護老人ホームの待機者数は高水準で推移しています。自治体はニーズに応えようと特養施設の拡充を急いでいますが、民間の有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅との競合、介護人材の不足などが要因となり、既存施設でも多くの空きベッドが存在しています。12月16日には本紙1面や日経電子版に掲載した調査報道シリーズ「漂流する社会保障」の記事で、首都圏では待機者の1割に相当する6000人分のベッドが空いている実態を明らかにしました。こうした特養の需給のミスマッチをどのように解消すればいいのか。みなさんのご意見をうかがえれば幸いです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
15
主に電機、自動車、商社、エネルギーなどの分野を取材してきました。いまは主に日経の調査報道を担当しています。