見出し画像

NikonNFM2で残す、家と暮らし

初めて手にしたフィルムカメラはNikonのFEというカメラで、
父が使っていたカメラを貸してもらってから
そのまま返さずに、私のものになっていたりする。(借りパクともいう)


写真の専門学校へ進んでからも、
デジタル一眼レフカメラが主流になった時代の中、
NikonのFEをメインに、フィルムカメラ一筋で作品を撮っていたくらい、
お気に入りで大切にしていたけれど、


ある日からシャッターが気分屋になってしまい、
機嫌よくシャッターがおりる日と、不機嫌でシャッターがきれない日があり
これは困ったと、新しいカメラを探した。

その時手にしたのが、初心者向けの
NikonNewFM2というフィルムカメラである。

画像1


フィルムカメラの基礎を学ぶことができて、余計な機能は一切省いた、
シンプルで一番使いやすいカメラ。

シャッタースピードが1/4000まであるので、
明るいレンズを使いたい人には、かなり嬉しかったりする。


画像2


写真の勉強をスタートする人が、
一番初めに手にするカメラとしても有名で、手ごろな価格で手に入る。

とにかく使いやすいし、手軽だし、
シャッターは忠実に動いてくれるしで、
大切に使いつつ、雨の日でも雪の日でも、夏の炎天下でも
とにかくどこへいくにも連れて行って、いろんな情景を撮ってきた。


けれど、この”流行り”で、気軽に外に出ることができない。
もちろん、カメラを触ることなんて、グッと減ってしまった。

何も考えずに写真を撮れていた時には
こんな思いなんてしていなかったのに、撮れないという状況になった途端
新しい写真を撮りたいという欲が溢れ出る。不思議。


そこで思い立ったのが、家の中をひたすら撮影すること。
じっくり、カメラと久しぶりに向き合ってみた。


いつもの暮らしを、フィルムに収めてみた


自粛中は毎朝ドリップでコーヒーを淹れるようになった。

画像3


今年は梅が出回る時期が遅くて高かったけれど、
無事に”梅しごと”を始めることができた。

画像4



靴棚をDIYしてみたけれど、木がお辞儀し始めていたり。
そんなところもご愛敬。

画像5


バスルームに飾る、ドライフラワーの薔薇。

画像6


いい香りに包まれたくて、ちょっと良いハンドソープを。
お家時間が増えたからこそ、ディティールもお気に入りに。

画像7


スクスクと育ってくれている、アボカドの葉。

画像8


時間がある今だからこそ、
ゆっくりとフィルムカメラのファインダーと向き合って、
家の中を撮影する時間。

こんな贅沢な時間、もうすこし味わってみようと思っている。

もちろん、早く外にカメラを持って出かけられたら、それが一番いいのだけれど。


この記事が参加している募集

カメラのたのしみ方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後の活動費として使用させていただきます。もし良ければ、よろしくお願いいたします。

ありがとうございます!とても嬉しいです!
128
泊まることを目的に、旅にでたい。 旅の記録やホテルのこと、カメラについてなどを綴ります。たまに読書記録や、暮らしのことも。 前置きが、とても長め気味。 https://instagram.com/sachipo_like

こちらでもピックアップされています

カメラについてのあれこれ
カメラについてのあれこれ
  • 3本

フィルムカメラが好きです。 iPhoneも好きです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。