マガジンのカバー画像

ネイチャーコミュニケーション(生き物たちとの交流)

73
物理的体験のみならずスピリット領域でも行われる生き物たちとの交流、自然、アニマルコミュニケーション等の話題。
運営しているクリエイター

記事一覧

【地球人の擬態をといた者の独白】中間領域および人間部分の、自分にとっての探求

多くの人がこのタイミングで2023年の振り返りを行っていそうだが(笑)、2023年の年末というこ…

masumi
5か月前
10

今秋のカメムシ事情と、ヒヨドリたちの会話

金木犀の香りが空気にのってあちこちに漂う季節は、カメムシレスキュー係(私)が最も忙しくな…

800
masumi
8か月前
7

風の時代というよりは水の時代【どんな変化が起こっているか】

いつからか「風の時代」という表現をよく聞くようになったね。それを使う人たちの定義や占星術…

880
masumi
8か月前
5

命は大切か?という話[全文公開販売]

前々からときどき、「それって偏った見方が過ぎるのでは?」と思うことがある。それはヒトに対…

450
masumi
9か月前
10

もう一つの情熱・驚きはアニマルコミュニケーション【進捗状況パート2】

何度も何度も浮かんできてしまって、向き合うことになる課題がある。 「課題」と言うと重く感…

masumi
9か月前
8

概念上の柵、個人という錯覚[全文公開販売]

自然環境に、本当の意味での「仕切り」ってあると思う? 私たちはたくさんの「概念上の仕切り…

400
masumi
10か月前
12

飼育下にある生き物たちの幸せのための双方向コミュニケーション

地球上で私の心を捉えてやまないのは多種多様な生き物たちで、彼らへの深い称賛と感動の思いは年々増しているように思える。 そんな自分は生き物たちのために何ができるのか? と「貢献」を模索していた時期もあったが、今はそういった力みも取れて、私自身出会うことができた生き物たちのことをただ私なりに知ること、その存在に心でふれさせてもらうことで十分かもしれないと感じるようになった。 旅行をしても、何より大きく胸に迫ってくるのはその土地土地の自然の風景や生き物たちの様子で、前回の記事◇「

有料
850

高齢者やネットになじみの薄い人にスマホやPCの使い方をわかりやすく説明する方法【コ…

自分の両親が世間的には高齢者というグループで呼ばれる年齢になっていて、気持ちとしては個々…

700
masumi
1年前
24

秋の美しさと新ブログ、古くなった自己像を着替えること。

毎年のことながら外の空気がキンモクセイの香りに満ちて、ここら近隣一帯を席巻している。独特…

masumi
1年前
18

2022年9月中旬の近況、形から入ることはできないんだねって順序の話、そしてカラス

やー、どもども、水面下の作業をポソポソ進めているうち、すっかり季節が巡ってしまったい。作…

masumi
1年前
17

クサギカメムシさん、いらっしゃぁい

好き、なんかじゃない。だけど総合するとけっこう多くの時間をカメムシ情報のサーチに費やして…

masumi
2年前
14

春めいて2022、意識の新たな「普通」のためのリバイバル

まだまだ寒いけど、気配は春めいて。鳥たちも春だ! 春だ! と元気いっぱい。周辺の野鳥たち…

masumi
2年前
10

自然法則から出るという宿題と、最高の答え

この数年、特に去年(2021年)あたりにはもう強く感じていたにも関わらず、私がきっぱりと心を…

1,000
masumi
2年前
17

振り返れば、カメムシ【ポエティックに2021年】

<今年印象に残ったある現象をポエティックに綴りました。途中に入っている※印部分は、読んでいる方への註・解説です> 記事を更新しない間も ずっと考えていたの 次何を書こうかって 綴りたいアイディアや シェアしたい理解が色々 浮かんでは消え 浮かんでは消えしたわ  心にそっと取り置いて 熟成させて 何も書き出さず今日まで過ごしていたの、それなのに どうしてなの? ほら今キーを打つ自分 原動力はカメムシ カメムシ WHY? 本当に手を動かしたテーマはカメムシだよ だって今日